宝塚大学

学生生活

学費・奨学金

学費

1年次の納入額は1,700,000円(入学金200,000円を含む)です。
各納付額の内訳、納付時期は次の通りです。

入学手続時納付金
入学金 200,000円
授業料 450,000円
施設費 150,000円
維持費 150,000円
合計 950,000円
1年次納付金(残額)
入学金
授業料 450,000円
施設費 150,000円
維持費 150,000円
合計 750,000円
※1年次の残額の納付時期

10月に納入(750,000円)

※2年次以降の納付金

各年次合計1,500,000円で4月に一括納入、または4月・10月に各750,000円の2回分納

※入学時のみ後援会費40,000円をお願いします。

留意事項
  1. 納入期日・金額は本人宛にお知らせします。
  2. 実験実習、作品の公開展示、その他教育に必要な費用はその都度納入してください。
  3. 入学後、高等学校または中等教育学校の卒業証明書を提出してください。
  4. 入学後に、施設拡充費寄付金一口以上(一口10,000円)をお願いします(ただし、これは任意です)。
  5. 併願による入学選考(一般・3年次編入・留学生・社会人・3年次編入留学生・チャレンジの各入学選考)で入学手続完了後、入学を辞退する者が期日までに辞退届(本学所定)を東京新宿キャンパス入試課まで届け出た場合、入学金を除く納付金を後日返金いたします。

スカラシップ制度

スカラシップ制度とは

本制度は、宝塚大学東京メディア芸術学部独自の入学前奨学金制度です。スカラシップ制度は年に2回実施します。 スカラシップ制度と「宝塚大学奨学金制度」は併用ができません。(支援金制度とは併用可能)

  1期 2期
減免額 90万円(年間)/45万円(年間)
減免期間 4年間
減免方法 奨学金額の半額を半期分から差し引き 奨学金額の半額を半期分から差し引き
既に学費を入金済みの場合、採用後に該当額を 指定口座に返金
採用人数 90万円減額 2名
45万円減額 4名
90万円減額 2名
45万円減額 4名
申込時期 総合選考1期出願期間 一般選考1期出願期間
対象者 総合選考1期出願者
AO入学選考2〜4期の合格者
学校推薦選考[公募]の合格者
学校推薦選考[指定校]の合格者
一般選考1期出願者

※一般入学選考2期合格者、およびチャレンジ選考合格者は対象外

スカラシップ制度1期

申請資格

本制度を希望する方は下記の①~③の選考基準全てを満たしていることが条件となります。

①東京メディア芸術学部総合選考1期または一般選考1期受験者で以下に該当する者。
1期:総合選考1期の出願者
2期:総合選考2~4期・学校推薦選考[公募]・学校推薦選考[指定校]の合格者、一般選考1期の出願者

②所得基準
父母の前年1年間の所得合計額が下表の基準額以下であること。

給与所得の場合 700万円以下
※源泉徴収票の「支払金額」欄の金額
給与所得以外の場合 346万円以下
※確定申告書の「所得金額」欄内の合計金額

③日本国籍を有する者、特別永住者の資格を有する者または出入国管理及び難民認定法の別表第二に規定される在留資格(永住者、定住者、日本人(永住者)の配偶者・子)を有する者。

奨学金額

年間90万円(4年間)、もしくは年間45万円(4年間)

減免方法

奨学金額の半額を半期分から差し引きします。

減免期間

最大4年間
※入学後、毎年継続の可否審査があります。審査の結果により打ち切られる場合がありますので、ご了解のうえお申込みください。

採用人数

年間90万円:2名以内 年間45万円:4名以内

申込方法

総合選考1期出願時に出願書類と同封して提出してください。

  1. スカラシップ申込書
  2. 父母両方の所得に関する証明書

    給与所得の場合:源泉徴収票のコピー
    給与所得以外の場合:確定申告書のコピー
    所得のない場合:非課税証明書(原本)
    ※いずれも2019年の所得を証明できるもの。

  3. 本人及び家族全員の住民票の写し

    必ず家族全員の記載があるもので、3ヶ月以内に取得したものを提出してください。
    在留資格を有する方は必ず在留資格の記載のあるもの(「省略」は不可)を取得してください。

審査方法

総合選考1期の試験とスカラシップ面接を行います。試験の点数・スカラシップ面接・提出書類・経済状況を総合的に判断して、採用者を決定します。
面接日:10月18日(日)
※総合選考1期と同日

結果通知

総合選考1期の合否通知日に結果を発送します。
発送日:11月2日(月)

※スカラシップ制度と「宝塚大学奨学金制度」は併用ができません(支援金制度とは併用可能)。

スカラシップ制度2期

申請資格

本制度を希望する方は下記の①~③の選考基準全てを満たしていることが条件となります。

①東京メディア芸術学部総合選考1期または一般選考1期受験者で以下に該当する者。
1期:総合選考1期の出願者
2期:総合選考2~4期・学校推薦選考[公募]・学校推薦選考[指定校]の合格者、一般選考1期の出願者

②所得基準
父母の前年1年間の所得合計額が下表の基準額以下であること。

給与所得の場合 700万円以下
※源泉徴収票の「支払金額」欄の金額
給与所得以外の場合 346万円以下
※確定申告書の「所得金額」欄内の合計金額

③日本国籍を有する者、特別永住者の資格を有する者または出入国管理及び難民認定法の別表第二に規定される在留資格(永住者、定住者、日本人(永住者)の配偶者・子)を有する者。

奨学金額

年間90万円(4年間)、もしくは年間45万円(4年間)

減免方法

奨学金額の半額を半期分から差し引きします。既に一般入学選考第1期以前に合格し、入金されている方は、採用後に該当額を指定の口座に返金致します。

減免期間

最大4年間
※入学後、毎年継続の可否審査があります。審査の結果により打ち切られる場合がありますので、ご了解のうえお申込みください。

採用人数

年間90万円:2名以内 年間45万円:4名以内

申込方法
一般選考1期を出願される方

一般入学選考1期出願時に下記書類を出願書類と同封して提出してください。

  1. スカラシップ制度申込書
  2. 父母両方の所得に関する証明書

    給与所得以外の場合:確定申告書のコピー
    所得のない場合:非課税証明書(原本)
    ※いずれも2019年の所得を証明できるもの。

  3. 本人及び家族全員の住民票の写し

    必ず家族全員の記載があるもので、3ヶ月以内に取得したものを提出してください。
    在留資格を有する方は必ず在留資格の記載のあるもの(「省略」は不可)を取得してください。
    スカラシップ制度不採用となっても、合格が取り消されることはありません。

既に一般選考1期以前の入試区分で合格されている方

下記書類を出願用封筒を用いて応募期間内に提出してください。

  1. 入学志願書
  2. 志望理由書
  3. 調査書
  4. 受験票送付用封筒(緑色)
  5. 通知書返信用封筒(黄色)
    (検定料不要)
審査方法

一般選考の日に面接を行います。一般選考1期の点数、面接、経済状況を総合的に判断して、採用者を決定します。
※既に別の入学選考で合格している方も一般入学選考1期の「学力試験」および「実技試験」を受ける必要があります。
面接日:2021年2月7日(日)

結果通知

一般入学選考1期の合否通知日に結果を発送します。
発送日:2021年2月16日(火)
※一般選考1期と同日

※スカラシップ制度と「宝塚大学奨学金制度」は併用ができません(支援金制度とは併用可能)。

宝塚大学奨学金制度

宝塚大学奨学金制度とは

宝塚大学奨学金制度とは、学業を継続する意志があり、学業、人物ともに優秀で、且つ経済的支援を必要とする学生を対象とし、学資を援助することにより学業を継続させ、将来社会に貢献し得る優れた人材を育成することを目的として設けられた宝塚大学独自の奨学金制度です。

宝塚大学奨学金の種類(給付額)

本奨学金制度は、“給付型”奨学金であり、返還の義務はありません。以下の4種類があります。
給付期間:各制度とも当該年度限りとします。
※各制度とも、当該年度のスカラシップチャレンジ制度(東京メディア芸術学部)採用者は対象外となります。

1.一般奨学生制度
給付額 30万円
募集人員 若干名
対象 各学部に所属する2年次生から4年次生で、学業成績・人物ともに優れ、かつ経済的支援を必要とする者。
※過去に本制度に採用された者でも再出願が可能です
2.特別奨学生制度
給付額 1年次納付の学費の半額相当額(75万円、看護学部生は80万円)
募集人員 若干名
対象 各学部に入学した1年次生で、出身高等学校長又は中等教育学校長又は専修学校長の推薦を受けることができる学業成績・人物ともに優秀であり、かつ経済的支援を必要とする者。
日本の高等学校等を卒業していない学生(外国人留学生等)については出身学校長等の推薦書は不要です。
3.創作・研究活動奨励制度
給付額 10万円
募集人員 若干名
対象 各学部に所属する2年次生から4年次生で、作品制作および研究発表等において顕著な成績をおさめた者であり、かつ経済的支援を必要とする物。
※過去1年間のものに限る。
4.提携教育ローン利子補給制度
給付額 提携教育ローン金利のうち1%相当額
募集人員 若干名
対象 各学部に所属する2年次生から4年次生で、経済的支援を必要とし、本学提携の教育ローンを利用する者のうち修学状況が良好な者。

※提携教育ローン利子補給制度のみ募集期間が異なります。
詳細は会計課までお問い合わせください。

募集時期、申込条件・申込方法及び給付期間等 ※共通

募集時期 毎年4月に実施
申込条件 本奨学金規程で定められた人物・学力・所得・健康基準に達している者。
申込方法 本制度所定の申込書類に必要事項を記入し、指定された添付書類とともに事務局に提出する。
給付期間 当該年度限りとする。
併 用 本奨学金制度は、日本学生支援機構奨学金など他団体の奨学金との併給が可能です。

支援金制度

宝塚大学奨学金の種類(給付額)

1.留学生日本語試験支援金
内容 日本語を母語としない者で、日本語能力試験(JLPT)でN1を保有する者、もしくは取得した者。
区分 給付
給付額 3万円
期間・回数 1回限り
採用人数 保有者・取得者 全員
2.資格取得支援金
内容 MOS検定、アドビ認定アソシエイト、色彩検定など、学部で指定する資格を保有する者、もしくは取得した者。
区分 給付
給付額 1万円
期間・回数 1資格につき在学中1回限り
1年に1資格のみ対象
採用人数 保有者・取得者 全員
3.一人暮らし支援金
内容 自宅からの通学時間が2時間を超える者で、やむを得ず1人暮らしをする者を対象に月2万円、年間24万円を上限に給付(留学生は対象外)。
区分 給付
給付額 24万円/年
期間・回数 2年間(再出願可)
採用人数 若干名

高等教育の修学支援新制度

宝塚大学は、高等教育の修学支援新制度の対象機関として認定されています。

※令和元(2019)年度 機関要件確認申請 (こちらをご参照ください)