宝塚大学

助産学専攻科

授業ピックアップ

特長のある授業

アートとグリーフケア

産科は、新しい生命の誕生に立ち会うことができる明るいイメージが先行する一方、死産といった悲しい場面に寄り添うことも必要とされます。この講座では、我が子を失った経験をもつ方の生の声を聞かせて頂きながら、助産師としてどのようなケアを提供することができるかについて考えることができます。それは、宝塚大学の特徴でもあるアートを駆使して、これまで生きてきた子どもの証を残すための親へのメッセージカードや産着などを実際に作成し、実践の場で活用できる具体的な方法も含まれます。学生や教員、当事者とともにそれぞれの思いや考えを共有しながら幅広い視野をもつ助産師として成長することが期待できます。

アートとグリーフケア
アートとグリーフケア

アタッチメント・ベビーマッサージ

本学は、一般社団法人日本アタッチメント育児協会の認定校となっており、ベビーマッサージ教室を運営できるインストラクターの資格を取得することができます。マッサージの手技を取得するだけでなく、母と子のアタッチメント(愛着関係)の重要性を発達心理学という学問の視点から学び、実際の運営方法も取得します。宝塚大学助産学専攻科キャンパスでは、学生が助産学実習で分娩介助をしたお母さん達をお招きし、学生主催のベビーマッサージ教室を開催します。

ABM演習(インストラクション演習)

ABM演習(インストラクション演習)

ABM演習(足裏のマッサージ)

ABM演習(足裏のマッサージ)

アタッチメント・ヨガ

妊産婦と生後6か月までの赤ちゃんとお母さんのために、一般社団法人日本アタッチメント育児協会が、専門家と一緒に独自で作ったヨガ教室運営のインストラクター資格が取得できます。「心理学と育児」の観点から開発されたこのヨガは、妊婦と赤ちゃんが「つながる」ことを目的とした簡単なポーズで構成され、育児についても学ぶことができます。また、生後間もない赤ちゃんとお母さんの関係はマタニティ期の状態に近いことから、母児が1つになって行う独自のスタイルヨガであり、母性の発達や精神的健康を促進することが期待できます。

アタッチメント・ヨガ
アタッチメント・ヨガ