学科

助産学専攻科Graduate Program in Midwifery

特長ある授業

アーバンヘルスケア特論

宝塚大学は大阪市の中心地区に位置していることからも、大都市における健康問題を認識し、その対策について考えることは重要です。近年では、性犯罪や麻薬、若年からの無知な性行為による性感染症の増加といった問題が山積しており、助産師としての性教育の在り方についても考える必要があります。また助産師は生殖に関わる専門家であることからも、これまで差別されてきた同性愛者やトランスジェンダーといったLGBTを理解し、性の多様性として認識し、ケアしていく必要もあります。この講座では、専門の講師による統計学的な知識や現状をはじめ当事者からの体験談など聞く機会などから、学生間での活発なディスカッションなどから学びを深めることができます。

アートとグリーフケア

産科は、新しい生命の誕生に立ち会うことができる明るいイメージが先行する一方、死産といった悲しい場面に寄り添うことも必要とされます。この講座では、我が子を失った経験をもつ方の生の声を聞かせて頂きながら、助産師としてどのようなケアを提供することができるかについて考えることができます。それは、宝塚大学の特徴でもあるアートを駆使して、これまで生きてきた子どもの証を残すための親へのメッセージカードや産着などを実際に作成し、実践の場で活用できる具体的な方法も含まれます。学生や教員、当事者とともにそれぞれの思いや考えを共有しながら幅広い視野をもつ助産師として成長することが期待できます。


アタッチメント・ベビーマッサージ

本学は、一般社団法人日本アタッチメント育児協会の認定校となっており、ベビーマッサージ教室を運営できるインストラクターの資格を取得することができます。マッサージの手技を取得するだけでなく、母と子のアタッチメント(愛着関係)の重要性を発達心理学という学問の視点から学び、実際の運営方法も取得します。宝塚大学助産学専攻科キャンパスでは、学生が助産学実習で分娩介助をしたお母さん達をお招きし、学生主催のベビーマッサージ教室を開催します。

ABM演習(インストラクション演習)

ABM演習(足裏のマッサージ)


アタッチメント・ヨガ

妊産婦と生後6か月までの赤ちゃんとお母さんのために、一般社団法人日本アタッチメント育児協会が、専門家と一緒に独自で作ったヨガ教室運営のインストラクター資格が取得できます。「心理学と育児」の観点から開発されたこのヨガは、妊婦と赤ちゃんが「つながる」ことを目的とした簡単なポーズで構成され、育児についても学ぶことができます。また、生後間もない赤ちゃんとお母さんの関係はマタニティ期の状態に近いことから、母児が1つになって行う独自のスタイルヨガであり、母性の発達や精神的健康を促進することが期待できます。



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.