宝塚大学

進路・就職

社会で活躍する卒業生

先輩たちがどのような経験を積み、社会でどんな活躍をしているのか。
それぞれの“今”をご紹介します。

株式会社テレコム・アニメーションフィルム
アニメ制作進行
董 哲アニメーション領域 2016年卒業

明確な目的を持って大学に入れば、
勉強すること、人と話すこと、
そのすべてが未来につながります。

アニメ制作の基本知識を学べたことが、今の仕事に直接活きています。一般の大学からこの業界に入ってくる人もいますが、知識のベースがあることは仕事をする上で最初から有利です。大学時代を振り返ってよかったと思うのは、素晴らしい先生とたくさん出会えたこと。先生を通して多くのプロデューサーを紹介してもらいました。アニメだけを勉強するとどうしても視野が狭くなりがちですが、大学に入ってから興味を持ったことについて、豊富な授業の中から選択して学べる環境だったこともよかったですね。

董 哲さん
  • アニメ作品が制作開始してから完成するまで、全体のスケジュールを把握しながら、
    無事に完成するまでの進行を管理していくのが「制作進行」の役割。
    将来は自分のスタジオを持ちたいという夢に向けて頑張っている。
  • 写真

アニメ「CHAIN CHRONICLE チェインクロニクルヘクセイタスの閃」の制作進行を担当。

株式会社コロプラ
エンジニア
Y・Iゲーム領域 2017年卒業

大学でゲームを総合的に学べたこと、
仲間と共同作業した経験が今、
強みになっています。

専門学校のようにプログラムだけを学ぶのではなく、ゲームを総合的に学べたのがよかったと思っています。企画する、絵を描く、シナリオを考える、プログラミングする、一通りのことを学んで幅広い知識をつけられたことが、仕事に直接活きています。例えばPhotoshopなども使えるため、エンジニアとデザイナーの橋渡し役になれるなど、様々な場面に対応できるスキルも身につきました。また大学時代に仲間と共同で行ったニコニコ生放送の番組運営では、チームで仕事をまとめていく難しさと楽しさを知りました。この経験も今の仕事に活きていると思います。

Y・Iさん
  • エンジニアとしてスマートフォンゲームのプログラミングを担当。
    プランナーやディレクター、デザイナーなどさまざまな人の思いを
    汲み取りながら、目に見える形にしていくのが仕事。
    将来はプランナーとエンジニア(企画と開発)の両輪を、
    同時にやれる人になりたいと思っている。
  • 写真

白猫テニス
©2016-2018 COLOPL, Inc.

ユーホーテーブル有限会社
アニメーター
竹田 陽介アニメーション領域 2015年卒業

学生時代に身につけた
アニメーターとしての基礎力が
日々の仕事に活きています。

中学時代から抱いていた「アニメーターになる」という夢をかなえ、アニメーション制作会社の動画部に所属しています。宝塚大学在学中は、アニメーション業界で活躍する先生や卒業生との交流も多く、常に第一線の雰囲気を感じながら学ぶことができました。動画を描く基準に「歩き」「走り」「振り向き」「なびき」の4つがありますが、これらを学生のうちにマスターできたことは。アドバンテージになっています。

竹田 陽介さん
  • 戦国×本格リアルタイムバトルゲーム『戦国炎舞』は、
    アプリの開発段階から携わった最初の作品。
  • 写真

Copyright ©Sumzap, Inc. All Rights Reserved.

株式会社アンビション
ゲームプランナー
津田 駿平ゲーム領域 2012年卒業

ゲームをきっかけに新しい
コミュニケーションを生み出したい。

宝塚大学の実践的な授業がきっかけでソーシャルゲーム業界を目指しました。この仕事はまるでゲームをやっているようなドキドキ感が味わえます。仕事を始めて実感したのは、一見仕事と関係ないと思うような経験が実はとても役に立つということ。経験に無駄なことなどひとつもありません。宝塚大学ではいろいろな授業を選択できるので、大いに活用して欲しいです。

津田 駿平さん
  • 「学生時代は、とにかくいろいろなものを見て
    経験することをおすすめします」と、後輩たちにアドバイス。
  • 写真

株式会社マーグラ
エディトリアルデザイナー
今川 柚子イラストレーション領域 2013年卒業

好きだった雑誌のデザイン担当として
がんばっています。

ファッション雑誌の誌面をデザインしています。私はイラストを学ぶためにイラストレーション領域を選びましたが、在学中に作品集やニュースペーパーの制作に関わったことで、エディトリアルデザインと出会い興味を持ちました。もともとパソコンが苦手だったので、デザイン業界に進むのは不安もありましたが、ソフトウエアの使い方や誌面のレイアウトなど、大学で学んだことを役立てることができています。

今川 柚子さん
  • デザインだけでなく、書籍の表紙イラストを描くこともあるそう。
    「いずれは自分のイラストとモデルさんがコラボするような
    誌面をつくってみたいですね」と今川さん。
  • 写真