宝塚大学

大学院

教員紹介

宝塚大学大学院
メディア芸術研究科
メディア芸術専攻

指導教員/10名

井上 幸喜 教授

研究分野 ゲーム
略歴 ㈲Jet Graphics、㈱JET MAN代表取締役。1993年ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社しPlayStation用ソフト『クーロンズゲート』の企画・アートディレクションなどを担当。1999年㈲JetGraphicsを設立。30本以上のゲーム制作に携わる。
2007年に㈱JETMANを設立。コンテンツクリエイターの育成、スマートフォンコンテンツ企画、UI/UXのコンサルティングに取り組む。
著作『iPhoneSDK3 プログラミング大全ゲームプログラミング』
著書 iPhoneSDK3プログラミング大全ゲームプログラミング アスキー・メディアワークス (2009)
Kowloon's Gate Archives~クーロンズ・ゲート アーカイブス~ シティコネクション(2015) 他
制作 PlayStation用ソフト『クーロンズゲート』の企画・アートディレクション ・キャラクターデザイン、バンダイアプリ、科博イベントアプリ TVCM多数 『86 World Report』アジア最大級のア二メ・イベント「Anime Festival Asia2012」TOYOTAブースにて経産省クール・ジャパン戦略推進事業一環にて展示 PS4ソフトKowloonsGateVR 制作 監督 30タイトル以上のゲーム制作に係わる
受賞 Virtual World of the Year 2007 コミュニティ部門大賞受賞東京コンテンツマーケット TCMアワード2007審査委員特別賞受賞
社会・
地域活動
熊本震災美術学生向け救援活動(2016)
SSH運営指導委員(2017~)
JetGameLab(2007~)

北見 隆 教授

研究分野 イラストレーション
略歴 イラストレーター。
装丁・装画:赤川次郎『三毛猫ホームズ』シリーズ、恩田陸『麦の海に沈む果実』他。廃材を利用して立体作品などを生み出すリサイクル・アートでも積極的に活動。
武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。
著作『本の国のアリス』、『夢から醒めた夢』(共著)、『聖書物語』他。
受賞歴「第13回サンリオ美術賞」、「ブラチスラバ絵本原画ビエンナーレ金のりんご賞」など。
学会 東京イラストレーターズ・ソサエティ
著書 「楽園」(作品集)
「夢から醒めた夢」(共著)
宮沢賢治絵童話集⑪「マリヴロンと少女」
「本の国のアリス」(作品集)
制作 2004年静岡グランシッブにて展示会
2007年高崎市民ギャラリーにて展示会
1995年より池袋東武百貨店にて毎年個展開催
受賞 サンリオ美術賞(1988)
ブラチスラパ絵本原画ビエンナーレ金のりんご賞(1997)
社会・
地域活動
池袋モンパルナス回遊美術館、展示企画(2018,2019)

桜木 晃彦 教授

研究分野 美術解剖学
略歴 目標を芸術と科学の融合に置き、その接点となり得るのはメディア芸術であり、CGであるとの信念から研究と教育に取り組む。近年では多くのソフトウェア、アプリに加えて絵本の監修なども行っている。
東京大学理学部生物学科人類学課程卒業。博士(医学、東京大学)。
著作:『CGクリエーターのための人体解剖学』(ボーンデジタル)、『自分の骨のこと知ってますか』(講談社)他
学会 美術解剖学会(理事)/日本人類学会/日本解剖学会
著書 『ながいながい骨の旅』(監修)講談社(2017)
『人体で学ぶ生物学』てらペいあ(2012)
「ヒトの生物学講義ノート」てらペいあ(2007)
「メディカルイラストレーションハンドフック」(監修)ボーンデジタル(2005)
「生体で学ぶ解剖学」てらぺいあ(2005)
「CGクリエイターのための人体解剖学」ボーンデジタル(2002) 他
論文 Radio-Ulnar Weight Index -is it a Useful Criterion for Sex Identification of the Human Skeleton? International Journal of Osteoarchaeology、6 (1996)
Revisiting D'Arcy Thompson's Works in the Field of Artistic Anatomy. 女子美術大学研究紀要第34号(2004)
The significance of a仕isticanatomy in thef ieldo f medicalil ustration today 宝塚造形芸術大学紀要第22号(2008)

竹内 一郎 教授

研究分野 マンガ
略歴 劇作家、演出家、漫画原作者。
横浜国立大学卒業。九州大学博士(比較社会文化)。
筆名(さいふうめい)で原案を担当した『哲也-雀聖と呼ばれた男-』(講談社)で講談社漫画賞受賞。
『手塚治虫=ストーリーマンガの起源』(講談社)でサントリー学芸賞受賞。
著作『人は見た目が9割』(新潮新書)、『北澤楽天と岡本一平 日本漫画の二人の祖』(集英社新書)他
学会 日本コミュニケーション学会
著書 「人は見た目が9割」新潮社(2005)
「手塚治虫=ストーリーマンガの起源」講談社(2006)
「やっぱり見た目が9割」新潮社(2013)
「人生は声で決まる」朝日新聞出版(2018)
論文 「ノンバーバル・コミュニケーション研究(1)‐顔の形が伝える情報‐」『九州大谷研究紀要第24号』(1998)
「ノンバーバル・コミュニケーション研究(2)‐マンガの表現技術‐」『九州大谷研究紀委第25号』(1999)
「トキワ荘の夏」テアト口2010年10月号
「日本アニメ、夜明け前」テアトロ2012年10月号
「気骨の判決」テアトロ2013年12月号
「明星 与謝野鉄幹・晶子の道行き」テアトロ2014年10月号
「奇妙なり 岡本一平・かの子の数奇な航海」テアトロ2016年7月号
「宮武外骨伝」テアトロ2019年7月号
受賞 文化庁舞台芸術創作奨励賞佳作(1990)
講談社漫画賞(2000)
サントリー学芸賞 文学・芸術部門(2007)
社会・
地域活動
文化庁「芸術文化による子供の育成事業」『トキワ荘の夏』(作・演出)2012、2014、2015、2016、2017、2018、2019.5.20
同『からくり儀右衛門」(作・演出)2017年、2019年
独立行政法人教員研修センター特別講師、2007~

古瀬 登 教授

研究分野 アニメーション
略歴 アニメーター、監督、演出、キャラクターデザイン、作画監督。
TVアニメーション作品の作画監督及びキャラクターデザインを担当。
東京デザイナー学院グラフィックデザイン科卒業。
『スプーンおばさん』(1983)、『うる星やつら』(1984)、『エースをねらえ!2』(1988)、『ルパン三世』TVスペシャル(1989)、『頭文字D』(1998)、『鉄腕アトム』(2001)、『ブラックジャック』(2005)他
受賞 「バリバリ伝説」(作画監督及びキャラクタデザイン)日本アニメ大賞、審査委員長(手塚治虫)特別賞(1986)
「エースをねらえ!2」(チーフディレクター)日本アニメ大賞、OVA愚優秀賞(1988)
「Galaxy High schooI」(キャラクターテザイン)エミー賞候補(1990)
1986~「エースをねらえ!2」(チーフディレクター)TMS、バンダイ
1988~「ルパン三世」TVスペシャル「パイパイ・リパテイ・危機一髪」(作画監督・キャラデザイン)日本テレビ、TMS
1989~「ルパン三世」TVスペシャル「ヘミングウェイ・ペーパーの謎」(作画監督・キャラデザイン)日本テレビ、TMS
1990. 「特捜戦車隊ドミニオン」(監督)バンダイ
1994~「頭文字D」(作画監督・キャラデザイン)講談社・工イベックス
1998~「鉄腕アトム」(作画監督)手塚ブ口
2001~「ブラック・ジャック」(演出)手塚プ口
2005~「ナイト・ヘッド」(作画監醤・キャラテザイン)ギャオ2006~

渡邉 哲意 教授

研究分野 コンテンツデザイン
略歴 デザインディレクター。
映画「ウルトラマンゼアス2」光線CG制作。
旧大阪厚生年金会館「VISUAL+SOUND=SPACE1998」映像監督。
京都高台寺春の特別拝観ライトアップ「四神相応」映像演出。
商品擬人化「水鳥ここん」デザインプランニング。
宝塚造形芸術大学(現:宝塚大学)造形研究科情報デザイン専攻博士課程修了。博士(芸術学)。
学会 日本デザイン学会/芸術科学会/道具学会/日本教育カウンセリング学会/環境芸術学会
論文 小児がん患児に対するインフォームドコンセントアプリの制作(宝塚大学紀要 No.27,67-73,2013)
北京パラリンピックラジオ特別番組の制作(宝塚造形芸術大学紀要No.22,257-270,2008)
空間の構成質素に基づく映像制作-京都・高台寺ライトアップ映像の制作(宝塚造形芸術大学紀要No.18,139-148,2005) 他
発表 マンガキャラクターによる商品擬人化とメディア展開、日本デザイン学会第64回研究発表大会(拓殖大学) 2017
産学協同によるアーティストプロモーションに関わるデザイン
日本デザイン学会第62回研究発表大会(千葉大学) 2015
カード遊具を中心とした歌舞伎町キャラクターコンテンツデザインの展開
日本デザイン学会第60回研究発表大会(筑波大学)2013
ライブハウスでの演出:中国と日本の鑑賞者の意識の違い
日本デザイン学会第59回研究発表大会(札幌市立大学) 2012 他
制作 ・「谷川岳天神平ロープウェイ・天空のナイトクルージング」
映像投影ディレクター、2019
・「三井アウトレットパーク北陸小矢部・デジタル掛け軸〜光のアートウォール〜
映像投影ディレクター、2018
・文化庁主催「空飛ぶ金魚at代々木体育館」
映像機材ディレクター、2017 他
受賞 ・「安全な交差点の提案」大阪デザインコンペ優良賞 1995
・「台湾のロックシーンを探れ」台湾観光局旅の達人 入選 2009
社会・
地域活動
・新宿区東京2020大会区民協議会普及啓発部会長 (2018〜)
・新宿区健康部健康づくり課連携事業 (2017〜)
・新宿区文化観光産業部東京オリンピック・パラリンピック開催等担当課連携事業 (2017〜)
・「高齢期に想定されるリスクを考え、“幸せな人生”のあり方をアップデートするためのリスク対応能力寛容のためのアナログゲーム開発事業」滋賀医科大学医学部看護学科公衆衛生看護学講座 (2019)
・「人狼知能UI開発」静岡大学情報学部行動情報学科狩野芳伸研究室 (2017〜)
・「100周年記念ロゴ・バスラッピングデザイン提案」伊那バス株式会社 (2018)
・「商品擬人化メディア展開プロジェクト」株式会社水鳥工業 (2017〜)
・「ROCK AND ROLL MINI Christmas Party 2018」株式会社モトーレン東都
「トリックアートde賑わい創出事業」伊東市商工会議所 (2017〜) 他

月岡 貞夫 特任教授

研究分野 アニメーション
略歴 アニメーター、アニメーション作家。
『狼少年ケン』(1963)の原作、キャラクターデザイン、シナリオ演出を担当。
1959年東映動画入社(現:東映アニメーション)。
NHK『みんなのうた』の『北風小僧の寒太郎』、『狼少年ケン』、(株)明治『明治うがい薬』カバくん(CM)他
日本大学芸術学部特任講師
中国美術大学客座教授
中国伝媒大学広南学院終身名誉教授
無錫市経済顧問
学会 日本映像学会
著書 『講座アニメーション「動きをつくる」』美術出版社(1975)
『たのしいアニメーション教室(全6巻)』偕成社(2002)
『eアニメーション(全24巻)』鹿児島頭脳センター(2003)
制作 「長岡の侍」、「NHK・こんなこいるかな」、「テレビ朝日・エルとプルー」他
受賞 クラコー・ショートフィルムフェスティバルグランプリ(1970)
アヌシー・アニメーションフェスティバル入賞(1972)
ロンドンフィルムフェスティバル招待出展(1973・1974)

芦谷 耕平 准教授

研究分野 アニメーション
略歴 映像作家、アニメーター。
TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ作画監督・総作画監督補佐。
『ゴールデンカムイ』、『続・刀剣乱舞- 花丸- 』、『ルパン三世PART5』、『モブサイコ100』他、参加作品多数。
「TVアニメーション『ジョジョの奇妙な冒険』における表現の革新性とその一考察」(論文)など。
日本大学芸術学部卒業
株式会社UEIデザイナ
学会 日本映像学会
著書 アニメーション作画における人体・キャラクター描写のデフォルメ〜TVアニメーション『ジョジョの奇妙な冒険』『寄生獣』などを例に〜」講演 第22回美術解剖学会大会(2015)
「漫画からアニメ化する技術と原作とのコミュニケーション「ジョジョの奇妙な冒険」他 大ヒットアニメ作品を創ること 」講演 タイ・バンコクBIDC(2017)
論文 「TVアニメーションジョジョの奇妙な冒険」における表現の革新性とその一考察」 宝塚大学紀要(2013)
発表 「アシノミクス」日本映像学会(2015)
「samskara(サムスカーラ)」日本映像学会(2017)
制作 BSジャパン「シネマクラッシュ」(2016~)オープニング制作
ジョジョの奇妙な冒険 TVアニメシリーズ第1期/SC/エジプト編/ダイヤモンドは砕けない(2013〜2016)総作画監督補/作画監督他
寄生獣 セイの格率(2014)/攻殻機動隊 新劇場版/NARUTO疾風伝/ダイヤのA/ワンパンマン(2015)/モブサイコ100(2016)/岸辺露伴は動かない/GARO -VANISHING LINE-(2017)/DEVILMAN crybaby/斉木楠雄のΨ難 セカンドシーズン/続 刀剣乱舞-花丸-/ルパン三世Part5(2018)作画監督/原画
社会・
地域活動
合同会社ランチ・BOXと学校法人関西女子学園宝塚大学との包括的連携、など

近藤 真彫 准教授

研究分野 美術史
略歴 美術史家。
主にヨーロッパの中世美術、中世趣味について研究を行う。
英国イーストアングリア大学美術史学科修士課程及び東京藝術大学大学院美術研究科芸術学専攻修士課程修了。修士(美術)。
著作『中世美術の諸相』共著(2018)、ティム・マクレイト『デザインの日常英語』翻訳(2009)他
著書 『ヨーロッパ中世美術論集5 中世美術の諸相』共著(2018) 他

中村 泰之 准教授

研究分野 グラフィックデザイン、現代美術
略歴 現代美術家、ご当地萌えキャラ研究家。
地域をフィールドとしたデザイン・アートの実践・研究を行う。
筑波大学大学院芸術研究科デザイン専攻総合造形分野修士課程修了。
修士(デザイン学)。
稚内北星学園大学情報メディア学部専任講師、常磐大学人間科学部准教授を経て現職。
学会 日本デザイン学会/環境芸術学会/芸術科学会
論文 『視線によるウェブ・ユーザービリティ評価』(共著,常磐大学人間科学部紀要第28巻第2号,p85-93 ,2011)
『学生によるワークショップづくりプロジェクト「TOKIWAまちなかラボ」の構想と実践』(共著,常磐大学人間科学部紀要第31巻第2号,p131-134 ,2014)
『アート・デザイン活動による学生と地域との連携およびその教育的効果に関する研究』(共著,常磐大学人間科学部紀要第33巻第2号,p131-134 ,2016)
発表 『アート・デザイン活動による学生と地域との連携およびその教育的効果に関する研究 〜ワークショッププロジェクト「TOKIWAまちなかラボ」の実践〜』(環境芸術学会第16回大会,2015)
『地域と連携したワークショップの実践 〜みなとメディアミュージアム2018の実践から〜』(環境芸術学会第19回大会,2018)
制作 「PARCO ART PROJECTS 1994 URBANART#3」(1994)
「第5回大アート展」(1996)
「中村やす展 やられたいほうだい2010」(2010)
「みなとメディアミュージアム2011」(2011) 他
受賞 「PARCO ART PROJECTS 1994 URBANART#3」スポンサー賞(1994)
「ソニーアートビジネスオーディション」入選(1996)
「みなとメディアミュージアム2011」入選(2011)
社会・
地域活動
オルタナティブスペース「studio BIG ART」メンバー(1999〜2005)
茨城県高度情報化推進協議会「いばらきデジタルコンテンツ・ソフトウェア大賞」審査委員(2006〜2013)
茨城県庁広報公聴課「茨城県市町村広報コンクール」審査委員(2007〜現在に至る)
アートイベント「みなとメディアミュージアム」プロデューサー(2013〜2018)
ワークショッププロジェクト「TOKIWAまちなかラボ」プロデューサー(2013〜2017)
茨城県近代美術館主催「こどものためのオープンワークショップ」プロデューサー(2016〜2017)

授業担当教員/2名

市野 治美 専任講師

略歴 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン科修士課程修了
自営 マンガ制作・マンガ原作・イラスト制作
著書 「どうしておなかがすくのかな?」、「RING(シリーズ)」
制作 「NHKスペシャル人体CGアニメーション制作:アニメーション演出、アニメーションコンテ制作」NHK 「NHKスペシャル人体絵本制作(全3巻)」小学館
「寺院HP企画・デザイン制作」株式会社ナーム
「日経Webコンテンツ制作」日経、任天堂
「通産省Webコンテンツ制作」イマジカ

高田 美苗 専任講師

略歴 女子美術大学産業デザイン科デザイン専攻卒業
学会 フェアリー協会/日本豆本協会
著書 [英文]
「 Phantom  Beast Myth and the creature of legend」( supervisione :Momo Yuriko,Graphic-sha Publishing Co., Ltd.,2014)
[和文]
「幻獣 神話と伝説のいきもの」(百々佑利子:監修,グラフィック社,2014)
発表 [国際学会]
「Miniprint International of Cadaques」:SPAIN,2007,2008,2009,2010
「 Lessedra WORLD ART PRINT ANNUAL MINI PRINT」:Bulgaria,2008
「Tokyo International Mini-Print Triennial」:Tokyo,2005
「Dall 'ukiyo-e all' illustrazione contemporanea la grande grafica giapponese」:Italy,2010
[国内学会]
「板院展」:日本板画院,東京,2004〜2008
日本幻想芸術協会展,2008,2009
受賞 第54回 板院展 新人賞受賞(2004)
第56回 板院展 院友努力賞受賞(2006)