宝塚大学

東京メディア芸術学部

メディアデザイン分野

プロの表現者として必要な総合力を育成
プロの表現者として必要な
総合力を育成

表現を伝えるメディアは日々進化しています。一つのメディアでは表現できないこともたくさんあります。本分野では、マンガやイラストレーションから映像、音楽まで、あらゆるメディアを学び、それらを掛け合わせてデザインし、新しいコンテンツを生み出す力を身につけます。

4年間の流れ

メディアデザイン分野で学べること

こんな将来につながる

アートディレクター、プロダクションマネージャー、商品企画、クリエイティブデザイナー、グラフィックデザイナー、パッケージデザイナー、キャラクターデザイナー、CGデザイナー、Webデザイナー、舞台美術、エディトリアルデザイナー、編集、レイアウター、校正、エディター、出版関係、映像制作、映像ディレクターなど。

教授紹介