宝塚大学

助産学専攻科

目的・ポリシー

アドミッションポリシー

  1. 1. 感性豊かな人間性と、生命や人権の尊重を基盤にした倫理観を育める素養のある人
  2. 2. 協調性、責任感があり、自律したパーソナリティを持つ人
  3. 3. 助産師として地域社会に貢献する意思を持った人
  4. 4. 幅広く学問を学ぼうとする向上心・探求心・創造性を持っている人

教育研究上の目的

人間の生命や生活の質を真に理解できる感性豊かな人間性とともに、生命の尊厳と人権の尊重を基盤にした倫理観を備え、女性の健康問題の解決に向けてリプロダクティブ・ヘルス/ライツの視点から助産を実践できる能力の育成をめざす。さらにアート=技を駆使して助産学の発展に自律的・創造的に取り組める人材を育成する。

カリキュラムポリシー

助産学専攻科におけるカリキュラムは、本学の理念であるアートを駆使した特色あるカリキュラム構成である。助産学基礎領域、助産学関連領域、助産学実践領域の講義・演習は実習施設との連携により助産師の専門教育を育んでいる。

<助産学基礎領域>

① ウイメンズヘルスの視点を重視した、女性の健康問題を捉えた学び

② マタニティーヘルスのケアにおける助産実践に必要な知識と技術の学び

③ 専門職としての責務と倫理の学び

<助産学関連領域>

① 都市型の健康問題・社会問題について、地域に根ざした助産師としての取り組みができる「アーバンヘルス」の学び

② 乳幼児や家族を対象とした継続ケアが展開できる「アタッチメント・ヨガ、ベビーマッサージ」の学び

③ アート=技を駆使し、悲しみに向き合う家族に寄り添う援助者としての働きができる学び

<助産学実践領域>

① 助産ケアや周産期ハイリスクの母子看護など、育児支援に向けて他職種と連携・協働し専門性を発揮できる学び

② リプロダクティブヘルスに関わる支援者として活躍できる学び

③ 女性の健康を守るケアの専門職者として自立した行動と責務を遂行できる学び

ディプロマポリシー

本学の教学の理念・教育目的に基づくカリキュラムを履修し、卒業に必要な単位を修め、アーティスト、デザイナー、クリエイター、教育者、看護専門職者として社会に貢献し、能力及び社会人基礎力を身につけている学生に卒業を認定し、学位を授与する。
社会人基礎力は、「主体性」「実行力」「課題発見カ」「計画力」「創造力」「情報発信カ」「情報受容能力」「柔軟性」「状況把握力」「規律性」「ストレスコントロールカ」などで構成される。
即ち、社会で通用する、ものの見方・考え方・話し方・文章の書き方などを身につけていることが基盤として求められる。

助産学専攻科は看護基礎教育を生かし、大学の理念や教育目的を基盤とした助産の理論や実践を修得し、専門職者として以下の能力が認められること。

目的・ポリシー