学科

メディアデザイン領域

表現を伝えるメディアは日々進化しています。一つのメディアでは表現できないこともたくさんあります。本領域では、マンガやイラストレーションから映像、音楽まで、あらゆるメディアを学び、それらを掛け合わせてデザインし、新しいコンテンツを生み出す力を身につけます。

プロの表現者として必要な
総合力を育成

理論と実技の両面から
企画力を身につけていく

今、世の中ではどういったものが必要とされているのか。あるいは、世の中に足りないものは何なのか。これらの内容を、広い視点から総合的にリサーチ・分析。発見した内容を多くの人が理解できるカタチに表現し、新たなアイデアとして社会に対して提案していくことのできる企画力を身につけます。

自分のアイデアをデザインとして
成立させる表現力を磨く

アイデアは思いついただけでは意味がありません。空間やビジュアル、サウンドなど、さまざまなカタチに表現し、多くの人の目にふれることで、初めて意味が生まれます。本領域では、そのための基本的な方法論や技術を実践的に指導。アイデアを具体的なデザインとして成立させる表現力を育んでいきます。

4年間の流れ

  • 1年次

    領域を横断して
    学ぶ

    他領域を横断して学び、それぞれのコンテンツの魅力と可能性を探ります。学びを通じてどのようなカタチでアウトプットするかを考えることで、企画力や発想力も育成します。

  • 2年次

    デザインの基礎
    トレーニング

    デザインの概念を理解し、幅広い表現方法を研究・体験することで、表現の多様性や美的感覚を養成。CMをはじめとした広告表現やWebデザインを通じて、PCスキルも身につけます。

  • 3年次

    実践を通じて
    スキルアップ

    これからの時代に求められるデザインスキルを、実践的な計画立案、制作から身につけます。また、デザインサーベイやアドバタイジングのスキルも体得していきます。

  • 4年次

    卒業制作

    各自が将来進もうとしているジャンルを念頭に、自由な観点から卒業制作に取り組みます。提案性の高い制作を行い、自分自身が今後携わるデザイン分野を示していきます。

メディアデザイン領域で学べること

  • グラフィックデザイン

    グラフィックデザイン

    学内での活動だけでなく外部との連携も盛んです。コンサートやイベント用パンフレットのデザイン制作に携わり、実践力を高めていきます。

  • 映像デザイン

    映像デザイン

    Web番組などを制作し、映像メディアの発信方法を学びます。プロジェクションマッピングなど、次世代の映像制作にも挑戦します。

  • 空間デザイン

    空間デザイン

    コンテンツそのものだけでなく、それをどのような空間で展開するかを修得。ステージデザインや照明など、見せるためのデザインを学びます。


こんな将来につながる

アートディレクター、プロダクションマネージャー、商品企画、クリエイティブデザイナー、グラフィックデザイナー、パッケージデザイナー、キャラクターデザイナー、CGデザイナー、Webデザイナー、舞台美術、エディトリアルデザイナー、編集、レイアウター、校正、エディター、出版関係、映像制作、映像ディレクター

  • 自分の可能性を実感する
    やりたいことを実現できる大学です。

    坪井 真子

    宝塚大学では学んだことを、実践できる場が数多く提供されます。私は学内外でのステージイベントの照明のほか、ステージ図面の作成・設営を経験しました。興味のあることは何でもできる環境が整っている大学だと実感しています。また、他領域の授業が受けやすく、幅広く学べる点も魅力です。

  • デザインをトータルに学び、
    実践的な活動も経験できます。

    吉田 咲也花

    デザインのジャンルはグラフィック、Web、プロダクトなど多岐にわたりますが、宝塚大学ではこれらをトータルに学べるのが最大の魅力です。また、社会と関わり学ぶことも多く、外部の方との打ち合わせやプレゼンテーションなど実践的な活動を通して、将来の仕事にも生かせる力が身につきます。



  • 竹内 一郎 教授
  • コンテンツを適切な表現物で、
    社会にアウトプットする力を身につける

    人々から求められるものを、いかによりよいカタチで発信するか。これを追求することが、メディアデザインの役割です。世の中にはあらゆるコンテンツがありますが、今やメディアミックスという考え方が浸透し、横断的な発想力が求められています。本領域では、コンテンツ全般を俯瞰して、さまざまなメディアで発信できるディレクション能力を持つ人材の育成をめざしています。

    渡邉 哲意 教授
    担当科目

    デザイン概論I・II/映像制作I・II/デザインサーベイ/コンテンツデザイン演習 他

    PROFILE

    宝塚造形芸術大学大学院メディア・造形研究科博士課程修了。博士(芸術学)。大学院在学中に映画「ウルトラマンゼアス2」光線CG制作チームに参加。映像制作のほか、音楽関係のグラフィックデザインを多く手がけ、2004年、京都高台寺春の特別拝観ライトアップにて「四神相応」演出映像を担当。



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.