学科

マンガ領域

マンガ文化を世界に発信できる人材を育てるために、基本となる物語づくりと作画の技法を指導します。デッサンや作品研究に加え、これからの時代に必須のデジタル表現、コミックイラスト、キャラクター表現にも対応。また、マンガ原作者、ライトノベル作家も輩出しています。マンガを通したコミュニケーション教育により人間的な成長も促していきます。

漫画界のプロの教員×プロの編集者
×プロの卒業生による実践指導

マンガ制作、コミックイラスト、マンガ原作の
実践力を高め物語づくりの基本も修得

マンガ制作の実技を高めるのはもちろん、優れた作品の分析など、理論研究にも取り組みます。また、マンガは魅力的な「物語」があってこそ読者を惹きつけるもの。本領域では、作画だけでなく発想法やキャラクター開発など、物語づくりに関する授業を充実させておりマンガ原作者、ライトノベル作家志望者にも対応しています。

電子メディアに対応できる
デジタル表現をマスター

最近ではPC作画作品も多く見られ、キャラクターデザインなどでもデジタル作画が主流を占めています。これに対応するため、CLIPSTUDIOPAINTやPhotoshopなどの基本操作を修得し、作品制作にも対応。CLIPSTUDIOPAINTに関してはソフト開発者が講師を務め、綿密な指導を行います。また、同人誌制作の基礎も学べます。

4年間の流れ

  • 1年次

    マンガの基本を
    理解

    マンガ原稿用紙の使い方やデッサン、パースなど、基礎から学習します。アナログはもちろん、最新ソフトウェアによるデジタルでの描画技術も身につけます。

  • 2年次

    作品づくりの
    基礎技術を修得

    1年次で身につけた基礎をふまえ、ストーリーマンガ・キャラクターイラストなどの作品制作を行います。また、既存のマンガ作品を分析・研究することにより、ストーリーや演出の方法を学びます。

  • 3年次

    投稿作品の
    完成を目指す

    出版社への投稿や持ち込み、キャラクターコンペなどの発表を本格的に開始します。毎年、マンガ領域が出版しているマンガ雑誌『NEO(ネオ)』も、学生たち自身で編集から発刊・販売まで手がけます。

  • 4年次

    卒業制作

    4年間の学びの集大成として、卒業制作と論文に取り組みます。前期には「卒業制作合宿」などを行い、これまでの学びで培ってきた力により卒業制作と論文を完成させます。

マンガ領域で学べること

  • マンガ制作

    マンガ制作

    マンガをつくるには、総合的な力が必要です。道具の使い方にはじまり、作画力、発想力など、バランスよく身につけながら、制作に取り組みます。

  • コミックイラスト・キャラクターデザイン

    コミックイラスト・キャラクター
    デザイン

    スマートフォンなどデジタルデバイスの普及により、マンガのあり方は変化しています。デジタルスキルを身につけ、電子メディアに対応します。

  • ストーリー制作

    ストーリー制作

    優れたマンガ作品は、優れたストーリーがあってこそ。ストーリーをつくることができれば、マンガ原作者やライトノベル作家への道も開けます。


こんな将来につながる

漫画家、漫画家アシスタント、漫画原作者、ライトノベル作家、デザイナー、グラフィックデザイナー、イラストレーター、商品企画、広報宣伝、書籍・雑誌編集者、企画営業、アートディレクター、プロダクションマネージャー、印刷会社、出版社、DTPオペレーター、Webデザイナー、企画・デザイナー、ゲーム制作会社、広告制作会社

  • マンガのイロハを体に染み込ませ学生デビューが
    第一目標です。

    田口 和磨

    今の実力や伸びしろが認識できる授業が多岐にわたって充実しています。「ストーリーマンガ制作基礎」ではネームや漫画構成の詳細を学び、わかりやすいコマの配置など的確に内容を絞り込む技術が身につきました。先生方の辛口批評も印象的です。今は在学中にデビューし、一流の漫画家になるのが目標です。

  • 教科書では学べない技術を
    プロの漫画家から教えてもらえます。

    中原 光琴

    先生方はプロの漫画家も多く、教科書ではわからない実践的、効率的な技術が学べます。また、先生方との距離が近い環境も安心感があります。「新しい美術解剖学I」で人体の骨や筋肉の知識を得て、人体をより自然でリアルに描けるようになったのは大きな収穫でした。今後の作品に生かしていきたいです。



  • 竹内 一郎 教授
  • マンガ業界の最新動向を見据えた
    指導や教育で着実に実力を養成

    マンガ業界の最新動向を見据えた指導や教育で着実に実力を養成マンガの表現の場は紙媒体だけでなく、電子メディアにも広がっています。大手出版社や電子メディアの編集者を招いて「編集者講評会」を開催し、最新のマンガ業界の実情に即した学びの環境づくりを整えています。教員陣は第一線で活躍するキャリアと実績が豊富な現役クリエイターばかり。現場の息吹を常に感じられ、学生の皆さんの夢を後押しする現実的・具体的なサポートを行っています。

    竹内 一郎 教授
    担当科目

    日本漫画史/ストーリーマンガ論/非言語コミュ二ケーション論/マンガ制作/総合芸術論 他

    PROFILE

    横浜国立大学卒業。九州大学博士(比較社会文化)。筆名(さいふうめい)で原案を担当した『哲也雀聖と呼ばれた男(』講談社)で講談社漫画賞受賞。『手塚治虫=ストーリーマンガの起源』(講談社)でサントリー学芸賞受賞。本名での著書『人は見た目が9割(』新潮新書)はベストセラーに。他著書多数。



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.