学科

アニメーション領域

物語づくり、作画、動画などの数多くの要素があるアニメーション。本領域では、一人ひとりが明確な特技を持つことを目標にひと通りの役割を体験し、個々の可能性を引き出します。同時に、グループ制作でコミュニケーション能力を培いながら、「売れるコンテンツ」を創造できる人材を養成します。

ビジネスを成功に導く
本物のプロを育てる学び

アニメーションの制作現場を再現した
リアルな実習

アニメーション制作の現場を知り尽くした教員が直接指導します。アニメ制作の実習では、業界出身の教員が実際に担当した番組などを題材に、時間枠などを含め、同じ条件で課題を提示します。業界の制約を守りながら制作を進める習慣を身につけ、プロダクションなどの現場で通用する技能を修得します。

グループ制作によって
コミュニケーション能力を育成

3Dなど、現場における最新の制作工程を想定したグループ制作を重視。アニメーション業界だけでなく、実社会で重要な素養であるコミュニケーション力も育成します。受け手の意識を想像するという意味でのコミュニケーション力も高め、「コンテンツ=売れる作品」を創造できるクリエイターを目指します。

4年間の流れ

  • 1年次

    制作の基礎を
    一から学習

    アニメーションの概念を修得しながら、作画や描画、キャラクター造形、物語作りの基本を学び、アニメーション制作の基礎を確立。専門機材やPCを活用できる技術も身につけます。

  • 2年次

    グループで
    作品制作

    1年次で身につけたスキルをベースにし、いよいよグループ制作にチャレンジ。チームで連携しながら作品をつくり上げます。実社会で必要となるグループ制作の基本も学べます。

  • 3年次

    業界を意識した
    制作

    より専門的な技術修得のステップに移ります。グループ制作で実践的なコミュニケーション能力を身につけながら、アニメーション業界で即戦力になるための技能を学びます。

  • 4年次

    卒業制作

    4年間の総仕上げとして、卒業制作または論文の執筆を行います。論理的な企画力や文章力を身につけられるほか、クリエイターとして活躍するためのスキルに磨きをかけます。

アニメーション領域で学べること

  • 作画

    作画

    キャラクターデザイン、人物描写と線画、そして動きのテクニックを身につけ、スキルアップを図ります。

  • 音響

    音響

    実際の機材で、作品の世界観を伝えるのに欠かせない効果音や音楽の技術を学びます。

  • 映像編集

    映像編集

    映像作品を魅力的に見せるポイントを学びながら、編集に必要なスキルを身につけます。

  • 演出

    ディレクションのノウハウを学びます。企画立案やシナリオ制作にも取り組みます。

  • 撮影

    動画と背景の素材をまとめ、映像化。ツールの使い方などを実践的に修得します。

  • 背景美術

    アナログ、デジタルの両面から、背景描写に欠かせない透視図法などの技術を学びます。


こんな将来につながる

アニメーター、アニメ制作進行、アニメ撮影、アニメ演出、アニメ背景美術、アニメ音響制作、アニメーション作家、動画スタッフ、原画スタッフ、映像制作・編集、デザイナー、グラフィックデザイナー、CG制作、キャラクターデザイナー、ゲーム制作会社、映像制作会社、Web制作会社、アニメプロダクション会社

  • 目の前でプロの技術を見られる
    具体的な指導で多くを学んでいます。

    楊 智開

    現役アニメーターの先生から直接学べる点に魅力を感じ宝塚大学へ進学しました。現場経験豊富な先生方の指導は具体的で、リアルな動きを表現する技術を言葉だけでなく目の前で実演して見せてもらえるので勉強になります。今後もリアルな動きの表現をさらに追求していきたいです。

  • 互いの個性や発想を融合できれば、
    よりよい作品が完成します。

    大久保 海祐

    「アニメ制作」の授業では、チームワークの大切さ、互いの個性・発想の融合がよりよい作品につながることを実感しました。アニメーターが私の夢ですが、先生から実際の仕事を依頼される機会もあり、この経験は必ず役立つと思います。共通の目標を持つ多くの仲間の存在も本学の大きな魅力です。



  • 竹内 一郎 教授
  • アニメーション制作をトータルに学んだ
    総合力のあるクリエイターを養成する

    アニメーション領域では商業主義という考え方を採っています。常に現場の空気を感じながら学ぶために、カリキュラムには業界の最新の動向をふまえた取り組みを盛り込んでいます。特に近年、アニメーション作品の表現が豊かになったことを受け、3Dスキルを身につけるための環境も整えています。作画だけでなく、演出やシナリオ、映像編集など、あらゆる工程を経験できることも本領域の強みです。

    古瀬 登 教授
    担当科目

    アニメ制作I・II/アニメスキルI・II/アニメスキルIII(中割り)/キーフレーム/動画技術I・II(アニメ制作)/アニメコンテンツ制作 他

    PROFILE

    アニメーター。東京デザイナー学院グラフィックデザイン科卒。『スプーンおばさん』(1983)『うる星やつら』(1984)『エースをねらえ!2』(1988)『ルパン三世』TVスペシャル(1989)『頭文字D』(1998『)鉄腕アトム(』2001『)ブラック・ジャック』(2005)などの作品の作画監督及びキャラクターデザイン担当。



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.