宝塚大学

進路・就職

就職進学実績

「現場で活きる力」を宝塚大学できる力」を宝塚大学で身につけ、社会で活躍する卒業生たち。
Q.学生時代の「学び」はどう仕事に活きていますか?

©︎2016-2017 COLOPL, inc.

Q.今はどんな仕事をしているのですか?

エンジニアとしてスマホゲームのプログラミングをしています。プランナーやディレクター、デザイナーなどさまざまな人の思いを汲み取りながら、目に見える形にしていきます。僕はエンジニアがいなければゲームは形にならないと思っていて、重要な役割だと認識しています。ひとつのゲームができるまでには様々な試行錯誤が繰り広げられますが、僕は自分の考えたアイデアを提案して形にしていくエンジニアになりたかったので、いろんな人が意見をぶつけてゲーム作りを進めていけるスマホゲームの会社を選びました。エンジニアというと黙々とデスクで作業をするというイメージを持っているかもしれませんが、コロプラでは違います。社内で意見を聞き回り、「これどうでしょうか?」とエンジニアの目線から提案していくアクティブな仕事です。

Q.学生時代の「学び」は
どう仕事に活きていますか?

学生時代に作成した、“ディスコ”がテーマの指一本で遊べる新感覚リズムゲーム。東京ゲームショウでも展示

Q.学生時代の「学び」は
どう仕事に活きていますか?

専門学校のようにプログラムだけを学ぶのではなく、ゲームを総合的に学べたのが良かったことですね。企画する、絵を描く、シナリオを考える、プログラミングする、一通りのことを学んで幅広い知識をつけられたことが仕事に直接活きています。他のエンジニアが使えないPhotoshopなども使えるため、エンジニアとデザイナーの橋渡し役になれるなど、様々な場面に対応できるスキルも身につきました。学生時代に仲間数名で行ったニコニコ生放送の番組運営では、ゲーム分野以外の学生とも共同作業を行い、チームで仕事をまとめていく難しさと楽しさを知りました。この経験も今の仕事に活きていると思います。

ゲーム分野  2017年卒業 Y.I

MESSAGE

今はまだひとつのことに決めたくない人へ。いろんなことをしながら自分のやりたいことを探せる大学です。

今はまだひとつのことに
決めたくない人へ。
いろんなことをしながら
自分のやりたいことを探せる大学です。

PROFILE

2017年卒業。小さい頃からつくったものを人に見せて楽しんでもらうこと。自分の仕掛けたことや、目論見がうまく伝わって自分に返ってくることが楽しいと思っていた。将来はプランナーとエンジニア(企画と開発)の両輪を、同時にやれる人になりたいと思っている。

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

2Dデザイナーとして主にゲームのキャラクター、スタンプ、アイテム画像などの絵を描いています。また「東京ゲームショウ」に出展するときのTシャツやクリアファイルのデザインもしています。キャラクターはあらかじめ決まったものを描くこともありますが、自由に描きたいものを描いて自分から提案することも多いので、純粋に楽しいですね。私が描いたキャラクターを自分のアイコンにしてくれるユーザーさんがいたり、一緒に仕事をしている人に「いいね」と言ってもらえたときも嬉しいです。入社前から会社の雰囲気に惹かれるものを感じたのですが、実際にのびのびと仕事をすることができています。

Q. 学生時代の「学び」はどう仕事に活きていますか?

就職活動時に作成したポートフォリオ(作品集)

Q. 学生時代の「学び」は
どう仕事に活きていますか?

大学時代に幅広い課題や授業を経験できたことは、今の仕事に大いに役立っています。たとえば解剖美術だったり、背景の描き方だったり、描き文字だったり、仕事につながる実践的な絵を描く機会がたくさんありました。結果としてポートフォリオの中身も多岐にわたるようになり、それが就職活動をするときのアピールにもつながったと思います。絵とは直接関係がなさそうな授業なども、表現の引き出しになったり思わぬ場面で応用できたりと、学んだことが活きてくることが多々あります。

マンガ分野 2015年卒業 児玉 英李

MESSAGE

本気で何かを目指している人、好きを仕事にしたいと思っている人ほど身につくものが多いです。

本気で何かを目指している人、
好きを仕事にしたいと
思っている人ほど身につくものが多いです。

PROFILE

2015年卒業。一度は薬学の道を志すが、自分がどうしてもやりたいのは絵を描く仕事だと思い、宝塚大学へ編入。基礎技術を身につけるだけでなく、現役で仕事をしている先生たちから実践的なものを身につけたかった。「ここで学んで正解だった!」と働き始めて再認識している。

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

もともと雑誌をめくるのが好きでスクラップもしていました。学校で広報誌の編集をする機会があり、このエディトリアルデザインの世界をもっと深く知りたいと感じたことから、自分の好きな雑誌に関わっていた今の会社に応募しました。現在は、複数の雑誌のデザインを担当しており、ときには表紙を手掛けることもあります。またイラストが必要なときは自分で描くこともあります。雑誌が書店に並んで、私のデザインしたページを読んでる人を見かけたときなどは、やっぱり嬉しいですね。経験を積むことで、自分の引き出しも増え、やれることの幅も広がります。今は「こんな雑誌はどうですか?」と自分がやってみたい企画を出版社に持ち込み、実現したこともあります。

Q. 学生時代の「学び」はどう仕事に活きていますか?

『寿司組』のメンバーと

Q. 学生時代の「学び」は
どう仕事に活きていますか?

もちろんイラストレーションを学びたいという気持ちもあったのですが、いろいろなことに触れてみたい。学生ならではのチャレンジがしたいと思い、授業だけでなく、イベントなどにも熱中しました。ハロウィンパーティを企画してそれが今では大学の定番イベントになっていたり、仲良し6人組で結成した歌って踊る宝塚歌劇団パロディグループ『寿司組』での活動など、いろんな人と関わってやりたいことを経験することで、自分の進む道が見えてきたように思います。人に語れる経験を多く積んだことが、就職活動での自分のアピールポイントにもなったし、今の仕事にもつながっているように思います。

イラストレーション分野 2013年卒業 今川 柚子

MESSAGE

いろいろな道を歩いてみて本当に気に入った方向に進んでいける大学です。

いろいろな道を歩いてみて
本当に気に入った方向に進んでいける大学です。

PROFILE

2013年卒業。絵を描くことが好きだったが、画家になるイメージはわかず、「イラストレーションを学ぶって?」という興味から宝塚大学に入学。イラストはもちろん、地図を描いたり、土器を作ったり、和紙を扱ったりとイラスト以外での体験も面白く、視野が広がったことが今に活きている。

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

「そもそもどんなゲームを作るのか」、「キャラクターをどう動かすのか」、「ゲームバランス調整」といったゲームに関わる全てのことを考えるのがゲームデザイナーの仕事です。ゲームを動かすプログラマー、絵作りをするデザイナー、音楽を作るサウンドデザイナーと連携し、スケジュール管理をしながら、「もっとこうしたい!」と要望したり、より良いゲームに生み出すための様々な調整を行います。この仕事で求められるのはなんといってもコミュニケーション力。大学でゲームづくりを幅広く学んだことで、専門的な用語がわかること、プログラマーやデザイナーの仕事を理解していることは自分の強みです。共に仕事をする方々と意思疎通がしやすく、現場でとても役立っています。

Q. 学生時代の「学び」はどう仕事に活きていますか?

Q. 学生時代の「学び」は
どう仕事に活きていますか?

4年間、ひたすらゲームづくりに打ち込んできました。チーム制作では、得意領域の違うメンバーをまとめていく役割を担い、自分に向いているのはスケジュール管理を含めてゲーム制作全体を構築していく企画のポジションだと気づきました。また「東京ゲームショウ」に出品する作品を仲間と一緒に作ったこともいい思い出です。VRが流行る1年ぐらい前、スマホを使って誰でも気軽にVRを体感できるゲームをつくって反響を呼びました。何を作るにもひとりではできません。周りの人と協力しながら、どうやってうまく進めていくか。人と関わり何かを生み出していくという、今の仕事につながる実践的な経験をできたことがよかったですね。

ゲーム分野 2017年卒業 栗田 亮

MESSAGE

この業界で仕事がしたいとなんとなく思っている人、僕みたいに入学してからやりたいことをハッキリ決めていく道もあります。

この業界で仕事がしたいと
なんとなく思っている人、
僕みたいに入学してから
やりたいことをハッキリ決めていく道もあります。

PROFILE

2017年卒業。高校時代に「好きなゲームを仕事にしたい」と思うようになり、学校を探している中で、オープンキャンパスの公開授業が面白かった宝塚大学へ入学。「ゲームってそんなに簡単に作れるものじゃない!」というのが入学後の第一印象。仕事を始めてさらに深く実感中。

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

Q. 今はどんな仕事をしているのですか?

「のぼり」や「横断幕」など布に印刷する広告物の企画営業をしています。お客様のご要望をうかがって、最適な素材や印刷方法を提案し、店頭やビルなどにディスプレイされるまで責任をもって進めています。いま水と空気以外は何でもプリントできると言われるほど印刷技術は進化しています。一方で昔ながらの染色技術も継承されています。そういった印刷の様々な専門知識を活かして、「こんな印刷はできますか?」と言ったご相談に対して最適な提案を行います。印刷物が思った通りに仕上がり、お客様に喜んでいただけたときはとてもやりがいを感じます。

Q. 学生時代の「学び」はどう仕事に活きていますか?

Q. 学生時代の「学び」は
どう仕事に活きていますか?

今の仕事につながるきっかけは2年生のときに参加したイベントです。学生たちの描いた絵をトートバッグに印刷して販売し、とても反響がありました。もともとゲームが好きで「ものをつくる仕事」がしたいという気持ちが強かったのですが、この経験を通して、ものをつくるにもいろんな方法があることに気づきました。そこからはとにかく人と話をして視野を広げること。チームで何かをつくることに熱中しました。いろんな志向の人が集まっているのが宝塚大学のいいところ。先生もそうだし、周りの友達もそう。「人と関わり何かを実現した経験」「人間関係を築く経験」をしたことが確実に今の仕事に活きていると思います。

ゲーム分野 2015年卒業 長岡 友

MESSAGE

先生、先輩、同級生、後輩、いろんな人と話そう!新しい自分の可能性がきっと見つかります。

先生、先輩、同級生、後輩、
いろんな人と話そう!
新しい自分の可能性がきっと見つかります。

PROFILE

2015年卒業。ゲームを作りたい気持ちはあったが、いろいろな分野の勉強もできるので、他の道が見つかるかもしれないと思い宝塚大学に入学。学内外での活動や、先生からつながる人脈などを通じて、多くの人と出会えたことが宝塚大学を選んでよかったこと。