宝塚大学

看護学部の学び
取得可能資格
看護師

なりたい私に近い大学

あなたは将来、どんな“看護師”になりたいですか。
宝塚大学看護学部は、あなたが思い描く看護師像に近づける場所。
学生一人ひとりを見つめる、
あたたかな環境のなかで
同じ目標を持った仲間と一緒に学びませんか。

阪急大阪梅田駅に近い

  • 阪急大阪梅田駅に近い
  • 阪急大阪梅田駅に近い

都心の大学生活という選択。
キャンパスがあるのは大阪の中心地「梅田」。

日本を代表する都市「大阪 梅田」エリアは、JR、阪急、阪神、大阪メトロ各線の主要駅が集中する交通の要所です。
毎日の通学はもちろん、臨地実習先への移動もスムーズで、実習後に大学へ戻るゆとりも生まれます。
そのため教員の指導のもと実習記録作成に取り組んだり、図書館で調べ物をしたりできるのは大きなメリットです。
また、キャンパスのすぐそばには、大型書店や放課後をエンジョイできるさまざまなショップがあります。
キャンパスライフのなかに都市生活の要素を取り入れられるのが、「大阪 梅田」での大学生活です。

  • 書店へ
    書店へ

    大学周辺には大阪を代表する大型書店が多くあり、医学系の文献を豊富に取り揃えている書店もあります。

  • 病院実習へ
    臨地実習へ

    阪急「大阪梅田」駅のほか、JR「大阪」駅、大阪メトロ各線各駅へ徒歩圏内にあるキャンパス。実習施設への移動がとても便利です。
    ※写真は一例です

  • キャンパスに戻り復習
    キャンパスに戻り復習

    大学は、20時半まで開放されているので、実習後の記録作成も帰学後にじっくり取り組めます。

教職員に近い

  • 教職員と学生の
    あたたかいコミュニケーションがある大学。

    教員の研究室を学生に開放する「オフィスアワー」や、教員が勉強や大学生活に関する相談に応じる「チューター制」といった制度を整え、学生にしっかり寄り添う教職員。
    学生と教職員が常にコミュニケーションを取り合い、それがあたたかみのある学風に結びついています。
    看護師への道のりには、臨地実習や看護師国家試験といった頑張りどころがあり、それらを順調に乗り越えられるように全力でサポートします。

  • close to the Faculty Member

夢に近い

  • 全員が「看護師をめざす」という
    夢を持って学ぶから、より大きな力になります。

    大阪梅田キャンパスに通う学生にとって、全員が看護師という夢に向かって学ぶ環境は、日々の勉強の大きな力になります。実習でお互い協力関係になったり、一緒に国家試験対策に取り組んだり、学生同士の支え合いが日々展開されています。また学年を超えたつながりも強く、実習や講義内容について先輩が後輩へアドバイスすることもよくあり、仲間とともに看護師という夢をめざして学べる環境です。

  • close to the Faculty Member
  • 取得可能資格 看護師国家試験受験資格 ※定められた単位数を修得することが必須
  • 夢に近い 夢に近い

学びの特長

ハートの看護を、アートで学ぶ

看護とアートの学びで育てる豊かな人間性

  • 看護の学び

    高度な技術・知識と豊かな人間性を養い、
    現代人のQOL(生活の質)を高める
    「看護の専門家」の育成をめざします。

  • 看護の学び
  • Pick up 1基礎看護学Ⅳ-1・2(基礎看護技術)

    看護の土台となる技術を
    演習を通じて自分のものにする。

    この授業では、科学的根拠に基づく判断と、倫理的な配慮を伴った技術を展開できる能力を養います。1年次後期には、皮下注射や点滴静脈注射、採血など、演習を通じて看護の基礎技術を修得。「原理を理解してこそ応用が可能」と考え、予習→講義→デモンストレーション→復習→演習→自主練習という流れで授業が進められます。グループに分かれての演習は真剣そのもの。複数の教員による指導体制で、看護の基盤となる基礎的能力を修得します。

    基礎看護学Ⅳ-2
  • Pick up 2母性看護学Ⅳ(周産期ケアマネジメント)

    出産、誕生をめぐる母子と家族への援助を学ぶ。

    母性看護学は、女性のライフサイクルを対象にした看護学です。女性の出産・新生児の誕生をめぐる周産期ケアマネジメントの理論と技術を学びます。対象者の看護上・医療上・生活上の問題を理解し、妊娠期・分娩期や産褥期・新生児期の母乳哺育など、それぞれのステージで必要な援助技術の修得をめざします。母体の支援、母子のアタッチメント、さらには家庭生活での母親と家族への援助についても理解を深めていきます。

    成人看護学Ⅳ

Interview

  • Interview
  • できることが増えていく喜びと積み重ねの大切さを実感

    生活援助や診療補助の技術は、自分でやってみて初めて気づくことがたくさんありました。 たとえばベッド上で洗髪する時に泡が残るなど想像以上に難しく、その対応を考え工夫していく面白みを感じました。また、血圧測定や車いすへの移乗など、一つずつできることが増えていくのは喜びでした。現在、臨地実習中ですが、基礎看護学の授業で使ったプリントを日に何度も見返します。基礎看護学で学んだことが、すべての実践の基本になっていることを改めて実感しています。
    藤原 しゅりさん 3年次生 大阪府 大阪薫英女学院高等学校 出身

  • 芸術の学び

    感性を育み、
    人の心を癒す看護を実践する
    幅広い視野と創造性を磨きます。

  • 芸術の学び
  • Pick up 1伝統芸術表現研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    日本の伝統芸術から情操を育み自己を表現する。

    茶道・香道、華道、書道など、日本の伝統文化について理論と実技を通じて、もてなしの心を学び、表現力を養います。茶道・香道の授業では、お点前はもちろん、季節感のあるお茶菓子をデザインしたり、お香を調合したりと茶道を総合的に学びます。すべての作法は、客人をもてなすためにあることを理解し、看護師として必要な「相手を思いやる心」を学びます。

    伝統芸術表現研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
  • Pick up 2看護と芸術Ⅱ(治療環境とアメニティ)

    環境が健康に与える影響をアートの視点で体験的に学ぶ。

    ホスピタルアートを手掛けている講師による、看護と芸術の深い関係を体験的に学ぶ授業です。ナイチンゲールは、病とは回復しようとする身体の表現だとし、人の命に大きな影響を及ぼす環境を見直して病気の原因を知っていくことが大切だと述べました。こうした考えが病院の環境づくりにどう活かされているかを、実際の病院で行われているアートプロジェクトへの参加、チームによる禁煙ポスターづくりなどを通して考え、自己表現の方法を身につけます。

    看護と芸術Ⅰ-③

Interview

  • Interview
  • 一人ひとりの感性は違う 心を理解する大切さを学んだ

    芸術の授業では、絵、写真、生け花、メイクなど幅広く表現することが学べます。初めてやってみることも多く、表現する楽しさを感じることができました。印象に残ったのは、同じ素材や道具を使っても、できた作品はみな違っていたことです。一人ひとり感性が異なることを頭に入れて、看護に臨む必要があることがよくわかりました。また、メイクやアートの持つ癒しの力の大きさを知ることができたのも収穫です。患者さんの心を意識して、寄り添う看護に活かしたいと思います。
    楠彩実さん 4年次生 兵庫県立尼崎北高等学校 出身