宝塚大学について

不正防止の取り組み

「公的研究費の不正使用」及び「研究活動における不正行為」の防止に関する取り組みについて

本学では、「公的研究費の不正使用」及び「研究活動における不正行為」の防止に関し、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)(平成19年2月15日文部科学大臣決定、平成26年2月18日改正)」、及び「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン(平成26年8月26日文部科学大臣決定)」に基づく適正な運営・管理のための体制の整備に取り組んでおり、今後も更なる強化に努めて参ります。

責任体系
最高管理責任者

学長は、最高管理責任者として、本学を統括し、公的研究費の運営・管理、及び研究倫理教育について最終責任を負います。

統括管理責任者

大学事務局長は、統括管理責任者として、最高管理責任者を補佐し、公的研究費の運営・管理、及び研究倫理教育について本学を統括します。

コンプライアンス推進責任者

各学部長、各研究科長、専攻科長、各学科長、各事務部事務長は、コンプライアンス推進責任者として、統括管理責任者の指示の下、次に掲げる業務を行ないます。

  • ア.自己の管理監督する部署における対策を実施し、実施状況を確認するとともに、実施状況を統括管理責任者に報告すること。
  • イ.不正防止を図るため、部署内の公的研究費の運営・管理に関わる全ての構成員に対し、コンプライアンス教育を実施し、受講状況を管理監督すること。
  • ウ.自己の管理監督する部署において、構成員が、適切に公的研究費の管理・執行を行っているか等をモニタリングし、必要に応じて改善を指導すること。
研究倫理教育責任者

各学部長、各研究科長、専攻科長、各学科長、各事務部事務長は、研究倫理教育責任者として、統括管理責任者の指示の下、不正防止を図るため、部署内の研究活動に関わる全ての構成員に対し、研究倫理教育を実施し、受講状況を管理監督します。

関係者の意識向上

コンプライアンス推進責任者及び研究倫理教育責任者は、公的研究費の運営・管理、及び研究活動に関わる全ての教職員に、本学の不正対策に関する方針及びルール等に関するコンプライアンス教育、及び研究倫理教育を実施し、受講者の受講状況及び理解度を把握するとともに、誓約書等の提出を求めます。

相談・通報窓口
(1)相談窓口

公的研究費の事務手続きや使用に関するルール等について、学内外からの相談を受け付けます。

法人本部事務局財務課:072-756-1231

(2)通報窓口

公的研究費の不正使用や研究活動における特定不正行為(捏造、盗用、改ざん)に係る情報(不正使用や特定不正行為の疑いを含む)等を受け付けます。

水山公認会計士税理士事務所 公認会計士・税理士 水山雅稔
電話:06-6793-7615/FAX:06-4303-5065
e-mail:mizuyama

(3)通報者の保護

通報者は、通報時に明示した氏名の秘匿を希望することができ、また、通報に基づく調査への協力を理由として、人事、給与、研究又は教育上のいかなる不利益な取扱いも受けることはありません。
なお、悪意に基づく通報には、通報者の所属及び氏名の公表といった措置をとります。

不正要因の把握、不正防止計画の策定・実施
防止計画推進部署

法人本部事務局財務部は、防止計画推進部署として、不正を発生させる要因を把握し、不正防止計画の策定・実施を図ります。

研究費の適正な運営・管理
発注者以外の者による検収の実施

発注者以外の事務職員が検収を実施します。

不正取引業者への処分

不正な取引に関与した業者については、取引停止等の措置を講じます。


ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.