施設紹介

施設紹介

大阪の中心地、梅田にあってひときわ異彩を放つ「大阪 梅田キャンパス」が看護学部のメインキャンパス。
キャンパスビルは建築設計を安藤忠雄氏、ライティングインスタレーションをジェームズ・タレル氏という2人の世界的アーティストが担当。
地上11階・高さ60mのビルに、充実の看護教育研究施設を配しています。

正面玄関

通うのが楽しくなる美しいキャンパスビル。場所は、梅田の中でも若者に人気の茶屋町・芝田町エリアです。阪急三番街から阪急かっぱ横丁を抜ければすぐ目の前がキャンパスなので、雨の日でもほとんど傘ナシでOK!?


▲ ページの先頭へ

ロビー

光あふれる吹き抜けのロビーは、白を基調としたのびやかな空間。造形芸術学部生のアート作品があちこちに飾られて、目を楽しませてくれます。アートのもつ癒しのチカラを感じながら、心豊かなキャンパスライフを。


▲ ページの先頭へ

学生相談室

学生相談室について

勉学、就職、経済、健康、対人関係の問題や不安など、学生の個人的な悩みにも対応できるよう、専門のカウンセラーが相談に応じる「梅田学生相談室」をキャンパス内に開設しています。なお、プライバシー保護には万全の注意を払っています。


▲ ページの先頭へ

図書館

図書館について

看護の勉強に欠かせない図書がとても充実しています。1階ロビー隣接なので、行き帰りにも寄りやすく便利です。


▲ ページの先頭へ

図書館閲覧室

図書室2階は、自然光の入る気持ちのよい閲覧室。図書の閲覧のほか、自習にも使用できます。ゆったりとした明るい空間は「集中できて勉強しやすい」と学生にも好評。ビデオ・DVDの視聴もできます。


▲ ページの先頭へ

母性・小児看護学実習室

母性・小児看護学で使用する実習室で、妊産婦や新生児のケア方法を学びます。新生児沐浴槽、赤ちゃんのモデル人形などを備えているほか、妊産婦看護に必要な器具、道具を完備しています。


▲ ページの先頭へ

助産学専攻科実習室

助産学専攻科の実習室で妊産褥婦と新生児の援助技術を学びます。分娩台2台、新生児沐浴槽、インファントウォーマー等を備え、演習に必要なシュミレーターや器具類を完備しています。


▲ ページの先頭へ

事務局

3階は、学務課をはじめキャンパスライフをサポートするスタッフが常駐する事務局フロアです。ドアも仕切りもないオープンな空間なので、気軽に声をかけられるのがうれしい。学生と職員の距離が近いのも本学の特徴のひとつです。


▲ ページの先頭へ

在宅・老年・精神看護学実習室

老年看護や在宅ケアの授業で使う実習室には、実際の家庭を想定した和室、キッチン、洗面所、お風呂等があります。看護やケアの現場に即して、地域看護学に必要とされる看護技術を学びます。


▲ ページの先頭へ

基礎看護学実習室

ベッド20床と天井吊りモニター5台を備えた実習室。基礎看護学の実習に使用します。ベッドメイキングや体位変換など、看護で必要となる基礎的な技術を学ぶ教室で、放課後など空き時間は学生が自由に自習することができます。


▲ ページの先頭へ

情報処理室

44台マシンが並ぶ情報処理室。もちろんインターネット完備です。1年次専門基礎分野「情報処理I」の授業で使用するほか、授業以外の時間は学生が自由に使えるよう開放されています。レポート作成やインターネットなどに大活躍!


▲ ページの先頭へ

成人看護学実習室

ベッド15床を備えた実習室。成人看護学の実習授業を行うための設備や器具が揃っています。天井吊りのモニターを5台設置し、先生の手元まで詳しく確認できる環境が整っています。


▲ ページの先頭へ

茶室(高灯軒)

キャンパス8階には、本格的な茶室があります。1年次の選択科目である「茶道」の授業のほか、茶道サークルも活動中。芸術系大学らしさを感じる贅沢な環境で、日本の伝統芸術に触れることができます。



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.