学科

授業ピックアップ

看護の学び

Pick Up 1 基礎看護学Ⅳ-2

すべての看護学の基盤となる科目 最初の病院実習も経験する

看護の土台となる技術を演習を通じて自分のものにする。

この授業では、1年次前期の学習を踏まえて、皮下注射や点滴静脈注射、採血など、演習を通じて看護の基礎技術を修得。
「原理を理解してこそ応用が可能」と考え、予習→講義→教員のデモンストレーション→自主練習→演習→復習という流れで授業が進められます。グループに分かれての演習は真剣そのもの。複数の教員による指導体制で、看護の基盤となる基礎的能力を修得します。

Pick Up 2 成人看護学Ⅳ

成人期のあらゆる健康レベルに対処できる援助技術を修得。

成人期に特有な健康問題への科学的・系統的なアセスメント方法と看護過程の展開法を身につけます。急性期、回復期、慢性期、終末期といった、あらゆる健康レベルに対応した対象者の援助技術を修得します。とくに呼吸・循環管理、栄養・代謝に関わる看護技術を学習します。演習形式の授業も取り入れることで、患者̶看護師の役割体験を通して、対象者の立場に立ったケアが提供できる態度を養うことも目的のひとつです。

Pick Up 3 母性看護学Ⅳ

出産・誕生をめぐる母子と家族への援助を学ぶ。

母性看護学は、女性のライフサイクルを対象にした看護学です。女性の出産・新生児の誕生をめぐる、周産期ケアマネジメントの理論と技術を学びます。対象者の看護上・医療上・生活上の問題を理解し、妊娠期・分娩期や産褥期・新生児期の母乳哺育など、それぞれのステージで必要な援助技術の修得をめざします。母体の支援、母子のアタッチメント、さらには家庭生活での母親と家族への援助についても理解を深めていきます。

Pick Up 4 疫学

疫学調査の分析を通じて現代の健康問題を考察する。

「いつ」「どこで」「誰が」病気や健康問題に直面しているのか、発生場所はどこか、そこにどんな要因が関与しているのかといった視点のもと、地域や国の単位で、集団を対象に現状把握をしていく学問です。疫学の歴史やその発展について学び、国内外の大規模な疫学調査を知ることを通じて、その方法や導き出される結果、解釈の仕方といった力を身につけていきます。正しい現状認識は、適切な対策や施策の立案に大きく寄与する大切な過程となります。

▲ ページの先頭へ

芸術の学び

Pick Up 1 看護と芸術Ⅰ- ④

看護現場で求められる化粧療法を実践的に学ぶ。

看護現場では、化粧によって心理的な効果をもたらす「化粧療法」が幅広く活用されています。授業では化粧を患者さんのQOL( 生活の質)向上に役立てるための「セラピーメイク」や、看取りの際に行う「エンゼルメイク」などの技術を実践的に身につけていきます。



Pick Up 2 伝統芸術表現研究Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

日本の伝統芸術から情操を育み自己を表現する。

茶道・香道、華道、書道など、日本の伝統文化について理論と実技を通じて、思いやりやもてなしの心を学び、表現力を磨きます。書道の授業では、書くことの楽しさや文字の芸術性について実践的に学びます。また、手本を観察し、一字一字丁寧に書くことで、精神を落ち着かせるとともに、看護師として必要な集中力や観察力を身につけます。

Pick Up 3 看護と芸術Ⅰ- ③

「笑い」の効果を知り自らも実践する。

音楽、踊り、大道芸の3要素を取り入れた「ちんどんセラピー」といった芸術療法の楽しみに触れ、感情表現とコミュニケーションの基礎を修得します。ユーモアセンスを磨くためのユーモアセラピーにも取り組みます。パントマイムやバルーンアートなどの大道芸にチャレンジしたり、「ちんどんセラピー」の企画・実施を行ったりしながら、芸術療法の意義や健康増進への効果について学びます。


Pick Up 4 看護と芸術Ⅰ- ①

絵画による癒し効果や心理分析について学ぶ。

対象者が絵を描いたり鑑賞したりすることで、心を健やかにする臨床芸術療法について学びます。絵画には言葉では表れない感情が示されることがあり、対象者の心理状態を理解する手がかりになります。絵画の解釈・分析を正しく行うために、精神医学と心理統計の基礎知識も学習します。また、対象者支援のためだけでなく、看護師自身のセルフケアになることも学びます。



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.