受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

在学生インタビュー

※学年は2018年3月取材時のものです。

voice 02 写真

受験勉強はとても大変だと思うけど頑張って!みんなで看護師という同じ目標に向かって大学でも頑張りましょう。

\Profile/大野 比佳里Ohno Hikari

学部・学科
看護学部 看護学科
学年
1年次生
出身校
三重高等学校
なぜ看護師を目指そうと思いましたか?
母が入院したことをきっかけに、頻繁に病院に行くようになり、そこで看護師さんが仕事する姿を見て憧れを持ち、私も看護師になって患者さんの役に立ちたい、と思いました。
宝塚大学の魅力は何ですか?
キャンパスが梅田にあり駅からも近く、交通の便が良い所と、先生との距離が近く、わからないところや質問なども聞きにいきやすい環境が宝塚大学の魅力です。
学校生活(キャンパスライフ)はいかがですか?
クラスが1つで同じ教室で全員が受講しているので友達も作りやすく、みんな仲が良いです。空き時間は課題をしたり、たまに友達と梅田でランチをしたりと都会ならではのキャンパスライフを楽しんでいます。アルバイトをする時間も一年次では確保できます!!
高校と大学との違いは何ですか?
高校では、決まった授業を朝から夕方まで受けましたが、大学では、自分で時間割を決めて自分が学びたいと思った授業を選択して学べます。この為、朝から行く日もあれば昼から行く日もあります。
一番好きな授業は何ですか?また、大学の授業で「楽しい」こと、「大変」なことは何ですか?
一番好きな授業は基礎看護学です。ナース服を着て生徒同士で看護師役、患者役になり血圧測定や点滴などの技術を学ぶ授業です。講義を聞くだけじゃなくて、実際に行うことで手順なども身に付いていくので楽しいです。大学に入ってレポートを書くことが増え、高校の時はそのような宿題が無かったので、慣れるまでは大変でした。
初めての実習ではどのようなことを行いましたか?特に印象に残っていること、また大変だったことは何かありますか?
初めての実習では、看護師さんの仕事を観察しました。どんな事をしているのか、どのように患者さんと接しているかなど、基本的なことを学びました。ベットメイキングやシーツ交換などもさせてもらいました。実際に患者さんと会話をしたり食事のお手伝いをさせていただいたり、とても勉強になりました。毎日その日にあった事などを記録したり、カンファレンスなどが大変でした。
※カンファレンス…患者さんに対する注意点や治療上の問題点を確認すること
宝塚キャンパスへも通いますが、週にどのくらい通いますか?宝塚キャンパスの雰囲気や授業の様子なども教えてください。
水曜日は一年生の必修が宝塚キャンパスであるので、全員宝塚キャンパスに行きます。さらに私は、土曜日の1限目に中国語の授業を選択しているので週2回通っています。とても景色が良く梅田キャンパスとは違う雰囲気が楽しめます。
忙しい毎日の中でのリフレッシュ方法は何ですか?
好きな音楽を聴いたり、たまに友達と遊びに行ったりして、勉強が大変だと思ったら少し休憩して気持ちを切り替えるようにしています。
将来どのような看護師になりたいですか?
患者さんが常に安心して治療・入院を受けられるよう笑顔を忘れず、患者さんに寄り添える看護師になりたいです。

在学生・卒業生インタビュー