受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

 

voice 02 写真

患者さんに何が必要であるかを考え、日々頑張っています。

\Profile/藤原 亜衣Fujiwara Ai

卒業年度
2017度卒業生(4期生)
出身学部・学科
看護学部 看護学科
勤務先
日生病院
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
外科病棟に所属しているので周手術期に携わっています。術前に内服中止している薬剤の確認を行ったり、不安や不明なことがないかを確認しています。術後は合併症が起きないか全身の観察をさせて頂き、元気に退院して頂けるように看護します。
思っていた「看護師」像と実際働いてみての「看護師」像でギャップはありましたか
なかなか思うように行動できず、業務をこなすことに必死になってしまい、患者さんの役に立てているのか不安になることは多々あります。
やりがいを感じるときはどんなときですか。
患者さんが「ありがとう」と笑顔で元気な姿で退院するところを間近で見ることができたときです。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか。
患者さんの病状が急変したときに冷静に対応することがまだまだできず、先輩の動きを後ろから見て学んでいる状態です。
大学で学んだことは日々の業務に生かされていますか。芸術療法を学んでてよかったと思うような場面はありましたか
授業や実習で学んだことすべてを生かしきれてない現状ですが、学生時代に学んだことはヒントになっていることが多々あります。患者さんに何が必要であるのかを考えひとつひとつ繋ぎ合わせられるように日々頑張っています。
看護師を目指す高校生へのメッセージ
人と人との関わりですので、悩むことやつらいことはたくさんあります。ですがそれ以上に、人から学ぶことや喜びもあります。挫折したくなることが何度もあると思いますが、乗り越えると得られるものは大きいです。一緒に頑張りましょう。

在学生・卒業生インタビュー