News&Topics

新着情報

2013年4月 9日

平成25年度(2013年度)造形芸術学部ならびに看護学部及び大学院メディア・造形研究科入学式を行いました(4/6)。

2013年4月6日(土)14:00~NHK大阪ホールにおいて、平成25年度(2013年度)造形芸術学部ならびに看護学部

および大学院メディア・造形研究科修士課程入学式を行いました。

開式の辞の後、宝塚大学校歌斉唱を行い、その後小清水漸宝塚大学長より、新入生に向けて式辞が述べられました。

_DSC2852.jpg

『新入生のみなさん、本日はおめでとうございます。ご列席のご家族のみなさま、おめでとうございます。

宝塚大学は、昨年創立25周年を迎えました。

もうまもなく完成を迎えますが、大学の一角には、大学の学生諸君をはじめ教職員や卒業生、みなの夢をのせ、

時間や空間を超える、時空を超えた旅をする、そういう象徴として全長20メートルの舟のオブジェを創っています。

舟が出来上がっていくさま、自然が移り変わってゆくさま、一日一日の移り変わりというのを、わたしは自分の眼で

確かめるようにしています。しかしながら現代人である我々は、桜の花の開花1つをとっても、テレビや新聞など

報道によって聞いたり目にするとすでに、もう自分で見てしまったような錯覚に陥ってしまいます。

なにごとも初めて目にする時や自分の眼で初めて見た時は大変に感動が大きく、得るものが大きいのですが、

それを他人から知らされる、人づてに聞く、そういう事による感動はもしかすると、別の種類のものになって

しまうのかもしれません。

これからそれぞれ専門の道に進んでいくみなさんには、自分の眼で見る、自分の眼で確かめそれを、その感動を

深めていくという姿勢を失わないでもらいたいと思っています。

ともすると諸君の眼は、テレビの画面にむかっていたり、ゲーム機の画面にむかっていたり、あるいは携帯電話に

むかっていたりするけれども、自分の周りで起こっている事に対し、自分でふれて、みて、感じて、感動する、

という事を忘れないで欲しいと思います。

今日一緒に並んで座っている同期の友人たち、その友人たちとできるだけたくさんはなしをしてください。

また、先生方と接して話してください。授業時間以外でも話してください。そういう機会を、可能な限り多く

もってください。あなたがたのひとりひとりの会話が、先生方の刺激になって、そして先生方もさらに成長し、

その学びに深みが増します。なので、たくさん話して、先生にくらいついていってください。

みなさんのこれからの前途が、広く大きく開けていくよう、力いっぱい歩み出してほしいと思います。』

_DSC2867.jpg

その後、造形芸術学部新入生代表の荒木てらすさん、看護学部新入生代表の森優樹さんから、

『2011年3月11日に起こった東日本大震災からの復興を通す中で、あらためて芸術の意味、看護のもつ役割の

重要性を感じました。私たちは宝塚大学での学びを通して世の中を知り、自分に出来ることを考え、小さくとも

行動する事が、いつか他者をささえる事となると信じています。

私たちは、ひとりひとりの夢を実現するために精一杯の努力をするととともに、社会に貢献できる人間となる

べく勉学に励み、学生生活が実りあるものとなるよう努力することを誓います。』

と力強く、新入生から誓いの言葉が述べられました。



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.