Event

学部イベント

[グループ展] 溶ける魚 - つづきの現実 - (林勇気准教授)

本展のタイトル「溶ける魚」は、フランスの文学者アンドレ・ブルトンが1920年代に執筆した小説の題名から引用しています。展示される作品はいずれも、現実から遊離・逃避した空想や幻想でもなく、かといって現実そのものの是認や肯定、複製でもありません。展覧会タイトルの「つづきの現実」という言葉には、作品が立つべき位置の理想を託しました。作家自らが精神の内奥を見つめ、そこから汲み上げ何かに形を与えた表現として、作品を通じて「つづきの現実」を提示することが本展の大きな狙いです。(公式HPより)詳しくは→(http://tokeru-sakana.jimdo.com/)

 


  • 日程:<第1会場>京都精華大学ギャラリーフロール(常設展示室除く)
    会期:2013年1月10日〜1月26日※日祝休館
    <第2会場>gallery PARC(ギャラリーパルク)
    会期:2013年1月10日〜20日※月曜休廊
  • 時間:<第1会場>京都精華大学ギャラリーフロール(常設展示室除く)
    10:30~18:30
    <第2会場>gallery PARC(ギャラリーパルク)
    11:00~19:00※最終日18:00まで
  • 場所:<第1会場>京都精華大学ギャラリーフロール(常設展示室除く)
    住所:京都市左京区岩倉木野町137
    <第2会場>gallery PARC(ギャラリーパルク)
    住所:京都市中京区三条通御幸町弁慶石町48三条ありもとビル2階
  • 出展作家=荒木由香里、衣川泰典、木村了子+安喜万佐子、高木智広、中屋敷智生、花岡伸宏、藤井健仁、松山賢、満田晴穂、麥生田兵吾、林勇気(宝塚大学造形芸術学部准教授)
    企画・主催:「溶ける魚 –続きの現実」実行委員会


ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.