進路・就職

卒業生インタビュー

室田 清全さん
01

開発プランナー(株式会社ワコール)

室田 清全さん
・宝塚造形芸術大学 造形学部 2001年卒業

刺激的な毎日が感性を磨いてくれました

プロフィール

Q. 現在の仕事でもっともやりがいを感じる瞬間は?

自分の考えた企画やアイデアが採用され、商品化されることが決まった時が一番嬉しいですね。どうしてもブラジャーというと女性が開発するものというイメージがありますが、男性の視点も大事だと思っています。女性により美しくなってもらいたい、心地良い下着を身につけて欲しいという想いを商品に結びつけられたらと、いつも考えています。自分の開発した商品が店頭に並んだ時の充実感、そして、購入されたお客様から「有り難う」とか「良い製品ですね」といった声を聞くと、大きなやりがいを感じます。もちろん、中には「ここがダメ!」という厳しい意見ももらいますが、そうやってお客様の声が返ってくるというのはコミュニケーションがとれている証拠ですから、ほんとうに有り難く、嬉しく感じます。

Q. 大学での「学び」が今の自分にどう活かされていますか?

大学時代は、とにかく仲間が多かったですね。絵画やビジュアルデザインなど他学科の学生とも広く交流がありました。アーティストの卵的な存在がたくさんいて、とても刺激的な4年間でした。自然に養われた感性は今の仕事に大きく役立っていると思います。技術的には、縫製を学んでいたことですね。もちろん、大学で下着の勉強をすることは無かったですが(笑)。ブラジャーはとても複雑なカタチをしていますから、どの部分はどういう縫い方をすればいいか、どういうミシン目を使えばいいか、という基本的な縫製の知識は、アイデアづくりに活かされていると思います。ブラジャーは左右対称に仕上げるのがとても難しいんですよ。自分で縫うことは少ないですが、それでも気になる時は実際に試してみます。

Q. あなたの今後の目標、将来の夢をお聞かせください。

いわゆるヒット商品と呼ばれるモノをつくりたい、というのが目標です。100万枚くらい売れるような商品を開発し、お客様に喜んでもらいたいと思っています。そのためには、お客様の声を一つでも多く聞くこと。時間があれば、店頭に行ってリサーチしています。下着ショップに男性一人で入るのは最初は勇気がいりましたが、今では全然平気です(笑)。僕がいつも考えているのは誰のためのアイデアか?ということ。お客様に嬉しいと感じてもらえるモノ、絶対に欲しいと思ってもらえるような商品づくりを心掛けて、これからも素晴らしい企画を生み出していきたいですね。

室田 清全さんの一日

大学での4年間

1年次 いろんな仲間が自然と増えていきました。
友人と一緒にデッサン画を描いたりすることも多かったです。
2年次 一人暮らしを始めました。
自宅にもミシンを置き、課題づくりに一所懸命な毎日でした。
3年次 大阪のジーンズショップでアルバイト。仕事を通じて刺激を受け、感性を磨いていました。
オリジナルのTシャツデザインを任されたことも。
4年次 5月にワコールの就職セミナーに参加。
その後、トントン拍子で面接を通過し、見事、採用が決まりました。

ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.