メニュー

デジタルサイネージを学んで仕事にしたい

デジタルサイネージイメージ
デジタルサイネージは屋外・店頭・公共空間・交通機関など
あらゆる場所で、施設の利用者・往来者に深く届く
映像広告/触れる広告が必要とされています。
授業イメージ
宝塚大学 東京メディア芸術学部では、
Adobe After EffectsやAutodesk Maya、Microsoft Kinectを
用い、デジタルサイネージ広告の企画、制作を学べます。
活動イメージ
プレゼンテーション・グループワーク・イベント運営・
企業とのコラボレーションなど授業内外の体験を通して、
社会人として必要なビジネススキルが身に付きます。
プログラミングイメージ
プログラミング言語ではjava、C#、html5等、
グラフィックツールではPhotoshop、Illustrator、
Premiere、After Effects、Flash、Live2D等が学べるため、
デジタルサイネージ業界のみならず、ウェブデザイナー、
映像クリエイター、システムエンジニアも目指せます。
  • 8/26 オープンキャンパス
  • 2018年度東京メディア芸術学部のAO入試がリニューアルします!
  • 資料請求
  • 新宿駅から徒歩5分!「芸術×IT」を学べる大学 2016年度入試情報更新
  • マンガ領域
  • イラストレーション領域
  • ゲーム領域
  • アニメーション領域
  • メディアデザイン領域

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.