社会連携

社会連携

社会連携の取り組みはこちら

『3Dコンソーシアム』と共同研究活動を実施

06_img01.jpg2010年11 月4 日(木)、「3Dコンソーシアム」*主催による3Dに関するワーキング「QoE 3D WG」*(Quality of Experience 3D Working Group)が東京新宿キャンパスで開催されました。当日は「3Dの撮る・見る・遊ぶ」を会員参加者に体験して楽しんでもらうことを目的に、最新機器による室内での3D撮影・編集・上映大会を企画。3D撮影歴10 年、プロ写真家の清水 清太郎氏による3D撮影デモンストレーションや、グラビアアイドルの3Dの動体撮影、花や小物の3D静体撮影などが行われました。

本学では川村 順一 教授、大倉 有樹 助手の2人が「3Dコンソーシアム」の賛助会員であり、3Dに関心のある学生が当日の撮影・運営補助として参加しました。なお、本ワーキングは、2011年2月までの期間、毎月1 回〜2 回程度開催される予定です。

「3Dコンソーシアム」について
「3Dコンソーシアム」は、3D立体表示の入出力機器の開発と普及や、3Dコンテンツの拡大促進と流通性の向上を図り、3D市場の拡大・発展に貢献することを目的とした団体です。ハードメーカー、ソフトベンダー、コンテンツベンダー、コンテンツプロバイダー、システムインテグレーター、映像プロダクション、放送局、学術団体などの一般正会員、賛助会員が参加しています。
【設立時期】2003年3月4日
【会員】正会員59社 、賛助会員30名(平成22年10月14日現在)
【URL】http://www.3dc.gr.jp/jp/
QoE3D WG(Quality of Experience 3D Working Group)について
3Dコンテンツの魅力を最大限にアピールしてエンドユーザが安心して正しく共感できる4つの3D体験(以下)の拡大を目指しています。
①多くの感動が共感できる3D体験の拡大 ②正しく3D視聴体験できる環境の拡大
③最適な3Dコンテンツによる3D体験の拡大 ④関連業界の協力による3D体験支援の拡大

06_img02.jpg



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.