News&Topics

新着情報

2017年10月27日

先輩に聞いてみた!自己推薦入試入学者の体験談

11月1日より出願が始まる「自己推薦入試」。

田島入試委員長が、自己推薦で受験し入学した、現在4年生の冨田くんにインタビューを行いました。


TOP.jpg

田島:宝塚大学のことは、いつ知ったの?


冨田:高校3年生の時です。

イラスト系の大学を探していて、見つけました。


田島:高校3年生のいつ頃だったか覚えてる?

冨田:うろ覚えですが、わりと早い時期だったと思います。

田島:入試は何月だったの?

冨田:秋でした。10月か11月。ちょうど今ぐらいの時期でした。

田島:AOや公募推薦、一般入試ではなく、自己推薦を選んだ理由は?

冨田:推薦は考えておらず、一般で受験するにしても"試験"というものにあまり自信がもてなかったんです。

ただ、"画力"には自信があったので、自己推薦で勝負しようと思いました。


tomita1.jpg

田島:なるほど。受けてみてどうだった?


冨田:イラストレーション領域を受けたんですが、コミックイラスト寄りの作品を提出したんです。自分が1番自信のある絵だったので。

案の定、面接の先生には絵柄についてかなりつっこまれましたね。(笑)


田島:そこで、よくきりかえしたね!

冨田:自分には、ここしかないと思っていたので。

「順応していきます」と答えました。

今も、やはりマンガに寄っているところがあるので、順応できたのかはわかりませんが。


田島:それも立派な順応だよね。

そこで、きりかえして決めたんだね。


tajima1.jpg

冨田:はい。やる気をみせていこうと思って。

ただ、面接のあとは「もう少し違うテイストで作品を描けばよかったかな・・・」と落ち込みましたね。(笑)

結果、合格したので良かったです。


田島:入学してから、学生生活の中で入試形態って関係あった?他の友達と話したことある?

冨田:関係なかったですね。まわりの友人たちともこれまで話したことはなくて、今回のインタビューの話をもらって、初めて友人に聞いてみたくらいです。

田島:それでは最後に、自己推薦で受験する今年の高校3年生に一言お願いします!

冨田:自分に自信をもって!

自分で自分を推薦するわけですから、良く魅せられるよう、頑張ってください。


田島:自分を推薦しなきゃいけないわけだからね。
今の冨田くんのように、魅せていってもらいたいね。



■自己推薦入学選考について

詳細はコチラ


■入試相談会について
「入試について、もっと詳しく知りたい!」

「自分に合った入試はなんだろう?」

「自己推薦に興味があるけど少し不安...」

など、田島入試委員長があらゆる疑問にお答えする入試相談会も行っております。

お申込みはコチラ


■今回話を聞いた先輩

冨田 穂高さん

イラストレーション領域 4年 (2014年入学)


tomita2.jpgのサムネイル画像


ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.