News&Topics

新着情報

2016年7月 6日

那珂湊第一小学校のワークショップで制作されたヘッドマークを付けた列車がひたちなか海浜鉄道を走行中

宝塚大学東京メディア芸術学部、デザイン表現研究室の渡邉哲意准教授と学生が「みなとメディアミュージアム」主催の那珂湊第一小学校ワークショップにて小学4年生を対象にヘッドマークデザインワークショップを実施しました。

 

IMG_0434_2.jpgのサムネイル画像

このワークショップは茨城県ひたちなか市ひたちなか海浜鉄道湊線沿線を舞台に開催する現代アートプロジェクト「みなとメディアミュージアム(以下MMM)」の一環として、ひたちなか市立那珂湊第一小学校4年生と5年生を対象に行われたもので、4年生のヘッドマーク制作は同鉄道那珂湊駅のマスコット猫の「おさむ」と「ミニさむ」をモデルに4タイプを制作。

 

木材合板とカラーフェルトを用いて立体的に制作されたヘッドマークはひたちなか海浜鉄道の協力により車両の前後に取り付けられ、「おさむ号」「ミニさむ号」として7/4~7/18と今年の夏に開催されるMMM2016の期間中、営業列車に取り付けて走行します。

 

みなとメディアミュージアム(以下、MMM)は、茨城県ひたちなか市ひたちなか海浜鉄道湊線沿線を舞台に開催する現代アートプロジェクトです。 webなどを通して全国からアーティストを募集し、コンペティションののち出展者と作品を決定します。出展された作品は会期中(8月中、約3週間)、那珂湊の駅やまちなかを中心に、ひたちなか海浜鉄道沿線や車輌内にも展示されます。カフェやワークショップの運営も行います。


「産(那珂湊地区商店街、ひたちなか海浜鉄道湊線)+学(主に大学教員、大学院生、大学生)+芸(アーティスト)」の三者からなる実行委員会により運営されており、芸術表現と地域との協働によるまちの活性化を目的として活動しています。 2009年に第一回を開催し、今年度で第八回目の開催となり、宝塚大学東京メディア芸術学部からも教員と学生が参加しています。

ヘッドマークワークショップは今年のMMMでも宝塚大学造形芸術学部、植松研究室の協力により一般向けに8/8に実施されます。(事前申し込み定員制。詳細はMMMサイトにて近日公開予定)

IMG_0450.jpg

 

 

- イベント概要 -
みなとメディアミュージアム那珂湊第一小学校ワークショップHM列車
2016年7月4日~7月18日
ひたちなか海浜鉄道3710型車両2編成(運用は1日おき交代)
※運行については鉄道会社の都合により変更する場合があります。

イベント問い合わせ

MMM広報
TEL 080-1689-0557
E-mail  minato.media.museum@gmail.com
URL  http://minato-media-museum.com/
Twitter @minato_m



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.