施設紹介

図書館について

図書館開館時間

※諸事情により開館時間は変更になる場合があります。

場所・開館時間・利用上の注意

場所 7階
開館時間 【授業期間中】9:00〜20:00 / 【授業期間外】9:00〜19:00
※貸出返却時間については別途図書館掲示板に掲示します。
休館日 日曜・祝日、創立記念日、盆休み・年末年始、入学試験日や入学式・卒業式等の大学行事の日等は休館します。臨時休館日については、その都度お知らせします。

貸出

図書 図書を借りるには、借りたい図書に学生証を添えて貸出カウンターで職員に提出し、貸出手続をしてください。(バーコードの数字を読み取りますので、バーコード面を上に向けてください)
雑誌 雑誌を借りるには、借りたい雑誌に学生証を添えて貸出カウンターで職員に提出し、雑誌貸出簿に必要事項を記入して、貸出手続をしてください。

※返却期限を守ってご利用ください。

継続貸出

返却期限の近づいた資料を引き続き利用したい場合、期日内に当該図書の予約がなければ継続して借りることができます。返却の際に、継続を申し出てください。継続貸出の手続をした日から新たに貸出期間が延長されます。

貸出できない資料

参考図書、漫画、新刊雑誌、新聞、DVD、貴重書、特に指定した図書(禁帯出図書)の館外貸出はできません。

貸出冊数および貸出時間

学部学生・卒業生は、図書5冊以内・雑誌2冊以内を14日間借りることができます。
大学院生は、図書10冊以内を90日間、雑誌2冊以内を14日間借りることができます。

資料種別
  図書 雑誌
冊数 期間 冊数 期間
学部生 5冊以内 14日間 2冊以内 14日間
大学院生 10冊以内 90日間 2冊以内 14日間

返却

資料を返却するときは、自分で書架に返さないで、返却カウンターに提出し、必ず返却手続きをしてください。返却は、原則として借りた本人が責任を持って行ってください。

返却が遅れた場合

返却が遅れると、掲示板・メールおよび電話、手紙等で督促することがあります。
返却期日は厳守してください。

紛失・破損

借りている資料を紛失・または破損した場合、代品弁償をしなければなりません。
紛失や破損に気づいたときは、まずカウンターで相談してください。

予約

借りたい図書が貸出中の場合は、次の貸出を予約しておくことができます。

予約手続

図書予約票に必要事項を記入し、学生証を添えて、カウンターで職員に提出してください。

予約の連絡

予約図書が返却されたら、メール、電話等でその旨を連絡します。
ただし、連絡日より2週間を過ぎても予約者が貸出の手続をとらない場合は、予約を取消しますので注意してください。

問合せ

借りている資料の返却期日や何冊借りているのかがわからなくなったとき、照会ができます。
利用者本人以外にはお知らせしません。

問合せ手続き

貸出・返却カウンターで問合せてください。その際学生証が必要です。

リクエスト

図書購入リクエストを受け付け、図書館で購入するかどうか検討します。

リクエスト手続き

購入を希望する図書についてリクエスト票に記入し、カウンターで職員に提出してください。リクエストにより資料を購入した場合は、希望連絡先にお知らせします。

図書の探し方

学内検索

探している図書を、本学が所蔵しているかどうか、端末を使って自分で検索ができます。
詳しくは、お気軽にカウンターでお尋ねください。

視聴覚資料利用

視聴覚資料(DVD等)の利用は研究目的に限ります。
DVDの利用を希望する場合は、カウンターで利用簿に記入し、視聴覚コーナーで視聴してください。

探している図書がないとき? ⇒ 図書館相互利用サービス

探している資料が学内に所蔵していない場合、利用者が他大学の図書館に出向き、閲覧することができます。手続きはカウンターで行います。(閲覧希望日の2週間前までに申し込んでください。) 詳しくはカウンターでお尋ねください。

他大学に閲覧に行く

探している資料を近隣の大学が所蔵している場合は、所蔵館の了承を得られれば紹介状を発行します。紹介状と学生証を持参の上、所蔵館内で閲覧することができます。所蔵館を訪問する際には、相手館に迷惑のかかることのないよう充分に注意してください。手順は次のとおりです。

  • ①求める図書や雑誌論文についての正確な書誌事項(著者名、書名、論文名、出版者、出版年、雑誌の場合は掲載巻号・ページ)が必要です。NDL-OPAC(

    http://opac.ndl.go.jp/

    )で、図書や雑誌論文についての正確な書誌事項が検索できます。
  • ②相互利用申込書に必要事項を記入し、学生証を添えてカウンターに申し込んでください。(不備があると受付できませんので、十分に確認してください)あらかじめ閲覧希望日の設定が必要です。また、申し込み後のキャンセルや閲覧希望日の変更は極力避けてください。万一期日に行けなくなった場合は、ただちにカウンターに連絡をしてください。
  • ③紹介状の発行が済み次第、電話等で連絡をしますので、カウンターにお越しください。

その他

卒業後の利用

卒業後も利用手続をすることにより図書館が利用できます。
詳しくはカウンターに問合せてください。


ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.