News&Topics

新着情報

2012年9月 1日

【Takara Nursing vol.24】 宝塚大学 創立25周年記念シンポジウム 『 いろ と こころ 』 を開催しました

2012年8月25日(土) 大阪梅田キャンパスにて

宝塚大学 創立25周年記念シンポジウム

『いろ と こころ ~医療現場におけるいやしの環境としての新しい取り組み~』 

を開催いたしました。

 

当日は猛暑にも関わらず、多数かつ幅広い年代・職業の方にご参加頂き、ありがとうございました。

 

シンポジウムのプログラムは以下の二部構成になっておりました。

第一部 : 木村 千尋先生 【本学非常勤講師 看護と芸術Ⅰ-①(絵画療法)担当】 の講演

第二部 : パネルディスカッション 

       ●コーディネーター :大村 皓一【本学副学長】

       ●パネリスト     :木村 千尋先生【第一部 演者】 ・ 米倉 摩弥【看護学部 基礎看護学准教授】

                    向山 裕子【総合医療研究所 主任研究員】 ・ 池尻 篤志【造形芸術学部 助手】

 

第一部の講演者である木村先生は、まだ日本で色彩心理学が浸透していない時代から、

アメリカに渡り色彩心理学・声帯心理学の研究をされていました。

本学看護学部においては、医療現場における芸術面、中でも色彩・絵画の意義を

学生一人一人に向きあって、親身に指導されています。

 

第一部 講演の様子です。

20120903123435.jpg20120903124043.JPG 

 

講演内では、木村先生が建築に関わったホスピス(末期がん病棟)での色彩の実例や

授業で行ったワークショップの様子も取り上げられていました。  

 

20120903115744.JPG20120901102351.JPG

 

 

途中、参加者の方がペアになって、ワークをする時間もありました。

テーマは「目で自分の気持ちを伝えてみよう。」

表現する気持ちは三種類あり、相手がその中でどれを表現しているかを感じ取ります。 

 

 会場全体の空気が柔らかになり、笑顔にあふれていました。

20120904161934.jpg 20120903115451.jpg

 

 

続いて、第二部は芸術分野と看護分野それぞれに

パネリストを置き、パネルディスカッションを行いました。

20120904162242.jpg 

  

 看護師である米倉先生、画家である池尻先生、

そして、医療と芸術双方の要素を含む研究所で研究活動している向山さん

それぞれの分野での経験をふまえ、考えを伝えあいました。 

 20120904162546.jpg20120901103300.JPG

 

 20120901103337.JPG20120901103355.JPG

 

最後は、本学副学長 大村先生がパネリストそれぞれの発表を客観的にまとめ、

パネルディスカッションは和やかに終了しました。

 

改めまして、ご参加下さった皆様、ご清聴ありがとうございました。

 

20120901103443.JPG

 

宝塚大学 創立25周年記念事業はまだまだ続きます。

他のイベントにつきましては、

下記サイトでご案内を行っています。

http://www.takara-univ.ac.jp/25th/index.html

 

是非、ご覧ください。

 

 

 

 



ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.