受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

 

voice 04 写真

助産師は、分娩を取り扱うだけではなく、
妊娠期~産褥期まで継続的な支援を行なうプロ。

\Profile/園田 愛理紗Sonoda Arisa

卒業年度
2017年度卒業生(3期生)
出身学部・学科
助産学専攻科
勤務先
済生会滋賀県病院
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
現在、私は産婦人科、小児科、未熟児室などがある母子センターに勤務しています。母子センターがある病棟は、混合病棟であるため、対象の患者さんが新生児から老年期までと幅広く、様々な知識やスキルが要求されます。 母子センターでは、胎児を守り育てる母体を助産師外来から分娩まで安全に行うためにチーム医療で取り組んでいます 。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか。また、どのように対応されましたか。
受け持つ患者さんが、未熟児や認知症の方など幅広く、産科のことだけでなく小児科や色々な領域の知識が必要なので、自分の知識不足を日々痛感しています。患者さんから発信される多くの情報を、自分が持っている知識でアセスメント※し、自身の判断でケアを行なうことが大変です。先輩方に日々アドバイスを頂きながらケアに取り組んでいます。
※アセスメント・・・情報を収集し、何が問題かを把握すること。
やりがいを感じるときはどんなときですか。
 患者さんの退院が決まり、最後のお見送りの際に患者さんが「ありがとうございました」と笑顔で言ってくださった時です。 もう一つは長期入院している子どもの成長を感じた時です。その子が私宛てに手紙を書いてくれたことも凄く嬉しく思いました。
学生時代に思っていた「助産師」と入職後の「助産師」についてギャップはありますか。
学生時代は主に「分娩を安全に取り扱う仕事」というイメージでした。入職後は、分娩を取り扱うだけではなく、妊娠期~産褥期まで継続的な支援を行なうプロが助産師だと思うようになりました。また、母親に一番近い存在が助産師だと思いますので、精神的なフォローを行なうのも助産師の大切な仕事だと思います。
専攻科での学びは、どのように生かされていますか。
「宝塚大学 助産学専攻科に通ってよかった」と思うことはありますか。
1年目でヨガ・ベビーマッサージ・NCPRAコースを取得できているのは私以外にいないので、そのことが自分の強みです。病院では、実際に患者さんにヨガを行なっているので資格を生かすことができています。 また、グリーフケア※は、死産となった赤ちゃんの母親とその家族にどう関わったらよいのかを専門的に学ぶことができたので、現場でそういった場面に直面した時に、学んだことを生かすことができました。
※グリーフケア・・・子どもなど大切な人を亡くし、大きな悲嘆(グリーフ)に襲われている人に対するサポートのこと。
助産師を目指す受験生へのメッセージ
助産学専攻科の1年は短い期間で様々なことを学びます。そして何度も苦しい思いもすると思います。そんな時はなぜ助産師を目指そうと思ったのか思い出してください。 夢を現実にしたいという強い思いを抱いて悔いの残らないように1年間を過ごしてください。

在学生・卒業生インタビュー