受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

在学生インタビュー

※学年は2017年3月取材時のものです。

voice 02 写真

受験勉強は苦しい時もあると思いますが
乗り越え、素敵な看護師になって
一緒に夢を叶えましょう!!

\Profile/落葉 梨紗Ochiba Risa

学部・学科
看護学部 看護学科
学年
2年次生
出身校
広島県立大門高等学校
なぜ看護師を目指そうと思いましたか?宝塚大学看護学部を選んだ理由は?
小学生の頃、祖父が入院した時に出会った看護師さんに憧れて、看護師を目指すようになりました。宝塚大学では、芸術科目も学ぶ事ができ、笑い療法や音楽療法は患者さんに癒しの看護を提供するための知識と技術が身に付けられると思い選びました。
宝塚大学の魅力は何ですか?
宝塚大学は立地がよく、まだ新しいのできれいで設備も充実しています。また、看護の先生方はどの先生も親切で、わからない所を聞きにいくと、いつも優しく丁寧に教えて下さいます。先生と生徒の距離が近いのも、宝塚大学の魅力の一つだと思います。
大阪梅田キャンパスには食堂がありません。普段、お昼ご飯はどうしていますか?
普段はお弁当を持参しています。お弁当が作れない日は、近くのうどん屋さんやハンバーガーショップに行きテイクアウトをしたり、時間があればみんなでランチに出掛けたりもしています。梅田にあるからこそできる1つの楽しみです。
学校生活(キャンパスライフ)はいかがですか?
放課後は夕食を食べに行ったり、週に2回ほどアルバイトをしています。また、宝塚キャンパスのサークルにも所属しており他学部との交流を深めています。空き時間は、学生ラウンジや図書室で勉強をしたり、たまに買い物に出掛けたりもします。
一緒に勉強する仲間はどんな人が多いですか?
普段は明るくとてもにぎやかですが、テスト前や実習前になるとみんな本気で勉強する。やる時はやる人が多いので、助け合い、高めあえる仲間だと感じています。
大学の授業で「楽しい」こと、「大変」なことは何ですか?
看護系の科目の授業はすべて楽しいと感じています。昔からの夢に少しずつ近づいている気がするからです。しかし、大変なのも看護系の授業です。専門的な知識が毎日次々と入ってくるため、ついていくだけでも大変です。しかし、何一つ不要な知識はないので、新しい知識が増えるのが楽しいですし、看護師になりたい気持ちが強いので頑張れています。
チューター制・オフィスアワーは利用していますか?
年に数回利用しています。単位や学校生活のこと、将来のこと、勉強の不安など、何を相談しても親身になって聞いてくださるので、助かっています。
大学で学んで、自分はどんなふうに変わりましたか?
大学に入学してから、看護の勉強をし始め、看護師になりたいという思いが強くなり、自主的に学習するようになりました。高校生までは、苦手な科目もあり、やる気の出ない科目もありましたが、大学では不必要な授業は一つもありません。小さい頃からの夢を叶えるために、楽しく勉強できるようになりました。
将来どのような看護師になりたいですか?
私は正しい知識と的確な判断力を持ち、患者、患者家族の心に寄り添え、信頼される看護師になりたいです。

在学生・卒業生インタビュー