受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー

 

voice 01 写真

看護は大変奥が深く、多くの学びや出会いがあり、人生の経験値を上げられるとおもいます。
同じ志を持って、今後共に働くことが出来るのを楽しみにしています。

\Profile/大貫 亮哉Onuki Ryoya

卒業年度
2016度卒業生(3期生)
出身学部・学科
看護学部 看護学科
勤務先
国立循環器病研究センター
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
国立循環器病研究センターの脳神経外科病棟に所属しています。脳神経外科には、くも膜下出血や脳梗塞などの脳卒中術後の患者さんや脳血管障害の精査などの患者さんが入院されています。 仕事内容は、主に日常生活のケアと退院支援です。 日常生活のケアでは、大学で培った技術がすぐに実践できます。例えば、清拭や洗髪などの保清、体位変換、点滴ルート確保などです。 退院支援では、疾患を理解し服薬していく必要性を患者さんに説明をしたり、病棟でADLアップのためのリハビリを行ったりと、患者さんの社会復帰を支援しています。

※ADLとは、日常の基本的な行動のこと
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか。また、どのように対応されましたか。
患者さんに、病状などを説明し理解を得るということが大変です。バイタルサイン測定、術前説明、経口薬や点滴などの投与、検査内容など看護していくうえで説明が必要な場面は多くあります。患者さんも十人十色で、理解のされ方は様々です。年配の方・小児・認知症の方・意識障害のある方など、その人に合わせて説明の仕方を変えなければなりません。そういった場面では「自分が知っておくこと」が必要だと学びました。なぜバイタルサイン測定や点滴が必要なのか、検査を実施することで何が分かるのかなど、自分が十分に理解しておくことで細部まで説明することができ、理解を得やすくなりました。説明時には、言葉遣いや話すスピード、声のトーンなどに注意し丁寧に話すことと、患者さんが何でも質問できるような環境づくりにも心掛けています。
やりがいを感じるときはどんなときですか。
新しい看護技術を実践できた時です。難しい技術は先輩看護師と一緒に行うことで、先輩のいいところを直に学び、入職当初は見学しかできなかった技術も次第に任されるようになり、1年後には、日常のケアのほとんどが実施できるようになりました。  大学で学んだ看護技術は、今の私の礎になっていると実感しています。講義のあとに友人と実習室で練習し、技術テストを乗り越えてきたことが今でも記憶に残っています。大学での練習量は、やはり技術習得の基礎作りに大きく関与しており、入職後はスムーズに技術習得ができました。患者さんに苦痛なく上手に実践できた時には、先輩も褒めてくださるので、やりがいを感じます。
学生時代に思っていた「看護師」と入職後の「看護師」についてギャップはありますか。また、大学での学びは、どのように生かされていますか。
学生時代の実習では、教科書や先生方から一つでも多くの知識を吸収することと、限られた範囲での看護技術の実践で手一杯でした。そのため自分のやりたい看護というよりは、自分が出来る範囲の看護を行うという感じでした。 しかし、入職後は、学生ではなく一人の看護師になります。自分が看護師として、たくさんの患者さんに携わらせていただくことになり、多くの選択肢から、患者さん一人ひとりに合った看護を考えるようになりました。もちろん責任も増えますが、「この患者さんにはこういう風に良くなってほしい」という自分の考えと力量が発揮できるようになりました。 大学では、非常に多くの看護を学びました。特に実技授業の場面では、先生方が看護師として働いていた時の事を伝えながら技術を教えてくださったので、視野が広がりましたし、現在も参考にしながら看護を行うことが出来ていると感じます。
「宝塚大学に通ってよかった」と思ったことはありますか。
宝塚大学に通ったことで、多くの知識やかけがえのない友人とつながりを持つことが出来ました。宝塚大学は、看護の基礎知識や技術はもちろん、カウンセリング技術や芸術学部のある大学ならではの書道や生け花など特徴的な講義を受けることが出来ました。芸術などの知識は、看護とは無縁のように見えますが、患者さんのリラクゼーションや患者さんとの日常会話などのコミュニケーション技術につながっています。 講義は、グループワークも多く、同級生ともすぐ仲良くなれました。また、看護系の学校は男子生徒が少ないイメージですが、宝塚大学は他大学より比較的男子学生数も多いということも特徴です。現在も食事会などし、男性看護師同士助け合っています。
看護師を目指す高校生へのメッセージ
看護は大変奥が深く、多くの学びや出会いがあり、人生の経験値を上げられるとおもいます。そのためにはまず看護の大学で学び、いろんなことを吸収し、視野を広げていくことが大切です。私もまだまだ未熟者ですが、これからも学ぶことはたくさんあるし、自分がどんな看護師になるのか楽しみです。 将来に期待を抱けるのは、大学で出会った多くの人や学びのおかげだと思っています。看護師を目指すことで、そういったつながりは自然と多くなります。 同じ志を持って、今後共に働くことが出来るのを楽しみにしています。

在学生・卒業生インタビュー