受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

在学生インタビュー

※学年は2017年3月取材時のものです。

voice 03 写真

宝塚大学なら楽しく学ぶことができ、一生付き合える仲間ができます。オープンキャンパスにも来て下さい。

\Profile/川畑 将希Kawahata Masaki

学部・学科
看護学部 看護学科
学年
3年次生
出身校
兵庫県立宝塚高等学校
なぜ看護師を目指そうと思いましたか?宝塚大学看護学部を選んだ理由は?
看護師を目指そうと思った理由は、中学校・高校時代に、怪我で入院と手術を経験した時に、誠心誠意患者さんのために働く姿をみて、看護師という職業に憧れを抱きました。 宝塚大学を選んだ理由は、看護の授業だけでなく茶道や生け花・書道といった授業があり、知識だけでなく、人間性も豊かに成長できると思ったからです。
「梅田」という立地で勉強する利点は何ですか?
阪急梅田駅・JR大阪駅・地下鉄梅田駅など、多数の公共交通機関が周辺にあり、通学時間の短縮により、勉強時間に費やすことができます。また、休み時間や昼休みに梅田で遊べるため、勉強のオンオフが切り替えやすく勉強に集中しやすいです。
看護学部は他学部に比べると忙しいイメージがありますが、他学部を羨ましいと思ったことはありますか?逆に他学部よりも誇れることはなんですか?
他学部は学年が上がるにつれて、授業数が減っていくことが多いですが、看護学部は実習が多くなるので、学年が上がるにつれて忙しくなります。しかし、看護学部は看護師になるための学部なので、そのために必要な授業ばかりなので忙しくても頑張れます。また、看護師は専門職なので、他学部よりは就職先には困らないと思っています。
男子学生だということで、不便に思うことはありますか?逆に、男子だからこそ出来たことはありますか?
男子は1学年に2割しかいないので、男子全員で一致団結してテストや課題に取り組むことが多いですが、大阪梅田キャンパスに通う学生全員が、看護師になるために頑張っているので、年齢・性別関係なく仲がいいので、それほど大変でもありません。
3年次生になって、授業もより難しくなっていると思いますが、授業内容において1・2年次生の時との違いは何ですか?
1・2年次の授業では、基礎や人体構造などを主に学びますが、3年次からは、成人・小児・母性など看護の専門分野を学ぶことが多くなり、難しくなっていきます。そのため基礎となる1・2年次の授業をしっかり見直し、身につけることが大切になると思います。
3年次生になって実習が増えたと思いますが、どのような実習をしましたか?
実際に病院で実習を行い、患者さんを受け持たせてもらうことで、看護師の役割や必要性が実感を持って理解が出来ました。また、現場で看護師さんに指導いただき、座学では学ぶことが出来ない体験をし、看護の楽しさや魅力をより深く感じることが出来ました。実習を通してより一層看護師として働きたいと思うようになりました。臨地実習はまだ続きます。少しでも何かを得られるよう今後も真剣に取り組んでいこうと思います。
忙しい毎日の中でのリフレッシュ方法は何ですか?
サークルに入り、週に1回は体を動かすことと、授業終わりに友だちとご飯を食べに行くことです。
大学で学んで、自分はどんなふうに変わりましたか?
高校までは、目標があまりなく勉強も進みませんでしたが、大学で学ぶことにより「国家試験に合格する!」「看護師になる!」という目標が出来、さらに周りの友人全員が同じ目標を持っているので、全員で切磋琢磨しながら勉強できるようになりました。
将来どのような看護師になりたいですか?
看護の知識や技術だけでなく、人間性が豊かであることで患者さんの皮膚の内側に入り込める看護師です。

在学生・卒業生インタビュー