受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

在学生インタビュー

※2017年3月取材時のものです。

voice 05 写真

大変なことはたくさんありますが、乗り越えれば得られるものは大きいです。夢に向かって頑張って下さい!

\Profile/藤本 渚沙Fujimoto Nagisa

学部・学科
助産学専攻科
出身校
宝塚大学 看護学部
なぜ助産師の道に進もうと思いましたか?また、宝塚大学助産学専攻科を選んだ理由は?
助産師という職業があることは母から教えてもらいました。目指そうと思ったきっかけは、叔母の出産です。出産を終え、わが子を抱く叔母の“お母さんになった顔”とキラキラした笑顔を見て、私も生命の誕生する場面に立ち合い、同じ女性としてサポートしたいと思いました。宝塚大学の専攻科への進学を決めた理由は、助産師の資格以外にも様々な資格が取得可能で将来活動できる場が広がると思ったからです。また、学生10人に対して教員が3人いて下さるので、手厚く密な指導が受けられるという少人数制にも魅力を感じました。
入学して「良かった」こと、また「大変だった」と思うことは何ですか?
専攻科に入学してからは、毎日びっしりと詰まった学内の講義と、たくさんの課題、自己学習などとても忙しかったのですが、大変な1年になることは、入学前から覚悟していたので、驚くことはありませんでした。学生が10人と少人数なので、みんな仲が良く、しんどい時も協力したり助け合ったりと充実した日々が過ごせたので、入学して良かったと思いました。病院実習は、看護学実習以上に長時間な上、身に付けるべき知識の多さと深さ、母児両方の生命にかかわる責任の重さを実感し、自分の未熟さや助産師に求められる能力の高さに悩むことも多くありました。しかし、実習指導の方々や先生の熱心な指導とサポートのおかげで、苦しかったこと以上に、学んだこと得たものは大きかったと今では感じています。
宝塚大学の特色である「アートとグリーフケア」「アタッチメント・ヨガ」「ベビーマッサージ」の授業はどうでしたか?また、実習で役立ったこと、今後活かしたいものはありますか?
「アートとグリーフケア」は、当事者の講師の方が実際の体験談を織り交ぜながら授業をして下さいました。資料だけでなく、当事者同士の対談の場面も見学させてもらい、グリーフを抱える人たちに必要なケアについて考えました。当事者の話を実際に聞く機会はめったにないので、その分グリーフの重さとケアの難しさを改めて感じました。今後、周産期医療の現場で働くにあたって、いつか直面するかもしれないテーマでもあるので、この講義に参加し、改めて考えることができて良かったと思います。 「アタッチメント・ヨガ」や「ベビーマッサージ」は、インストラクターの資格を取得することができ、臨床で出会う対象者の方々や身近な友人、さらに自分自身にも活かせる知識・技術なので、継続して勉強しながら臨床現場だけでなく身近なところでも取り入れられれば良いと思っています。
一番好きな授業は何ですか?また、その理由を教えてください。
周産期の生理と病態の講義です。実際に産科医として働いている先生方が、臨床現場での体験や現状をふまえながら教えてくれるのが、おもしろく興味深かったです。
実習はどのようなスケジュールでしたか?
実習施設や状況により多少異なりますが、私は7月から2ヵ月間の病院実習の後、2週間空いて、約2ヵ月間クリニックでの分娩介助実習でした。間の2週間は丸々休みというわけではなく、助産院実習などがあり、スケジュール的にはとてもハードでした。分娩介助実習は、夜間のオンコールや実習先での夜間待機もあり、常に気持ちは休まりませんでしたが、9:00~17:00などの時間の決まりがない分、“リアルな現場”を体験することができたと思います。
実習で特に印象に残っていることはありますか?また、苦労したことはありますか?
分娩介助実習で出会ったある対象者の方に言われた言葉が印象的で、今でも心に残っています。「あなたには心がある。この仕事に向いていると思う。」ちょうど私が実習で自分の未熟さに悩んだり、お産の怖さ・難しさに直面していた時で、できないことや足りないものは多いけれど、せめて心は寄り添えるようにと関わらせていただいた方でした。すごく良いケアができたわけではなかったけれど、思いは相手に届くと感じとても嬉しかったので、今でも心の支えになっています。実習中は、私が対象者の方をサポートするよりも、対象者の方に学ばせていただき、支えてもらったと感じることの方が多かった気がします。
1年の専攻科を終えて「助産師」への意識に何か変化はありましたか?
助産師という職業の責任の重さ、求められる能力の高さは予想以上でした。1年の間に、「私は一人前の助産師になれるのか」と何度も思いましたが、「助産師になりたい」という思いは変わりませんでした。専攻科での1年を通して、目標にしていた助産師さんにも出会い、自分の考えていた理想の助産師像はより具体的になりました。辛いことも苦しいことも数えきれないほどありましたが、全部自分の経験として活かしていこうと思います。
将来どのような助産師になりたいですか?
対象者一人ひとりと同じ目線に立ち、能力が高いだけでなく「心」で寄り添うことができる助産師です。

在学生・卒業生インタビュー