受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー 2016

 

voice 02 写真

看護師はたくさんの出会いの中で、自身の生き方を勉強できる仕事だと感じています。患者様からたくさんのことを教えていただき、日々、人として成長できます。私はとても良い仕事に出会えたと感謝しています。受験勉強はとても大変で、ときには立ち止まることもあると思いますが、何故看護師になりたいと思ったのか考え直し、その思いを胸に頑張ってください。

\Profile/西山 加奈美nishiyama kanami

卒業年度
2016年度卒業生(3期生)
出身学部・学科
看護学部 看護学科
勤務先
大阪医科大学附属病院
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
一般・小児消化器外科・乳腺外科・形成外科に所属しています。患者様の術前・術後における全身状態の観察・処置・ケアをしています。また、ストーマ(人工肛門)の造設をされた患者様に対して、認定看護師の指導を受けながらストーマケアを行っています。早期から退院を見据えて、患者様がストーマを受け入れ、ケアをしていくために、精神面にも十分に配慮しながら、一緒に手技の獲得に向けて日々頑張っています。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか?また、どのように対応されていますか?
検査・手術などの送り出しや迎えがある中で、手術直後の全身状態のケアにあたる必要があるため、緊張感が漂う中での多重業務に日々追われています。今はまだ1人では対応しきれないことが多いため、先輩看護師に報告・連絡・相談を迅速に行うよう意識し、安全な看護ができるよう助けていただいています。
どんな時にやりがいを感じますか?
患者様から『ありがとう』と言ってもらえたときです。患者様が自身の病気と向き合い前向きに進もうとされている姿に私も勇気をもらいます。また、笑顔が見られたときには、まだ新人看護師で至らないところばかりだけれど、少しは患者様のためになっていたのかも知れないと嬉しく思います。
学生時代に思っていた「看護師」と入職後の「看護師」についてギャップはありますか?
また、大学での学びは、生かされていますか?
実習の時は1対1での患者様との関わりでしたが、看護師になると病棟の全ての患者様が対象になるため、1人の患者様だけにゆっくりと時間をかけて関わることのできないことに、思い描いていたものとのギャップを感じました。しかし、患者様にとって、私も1人の看護師であり、どんなに多重業務に追われていても、一言でも声をかけて患者様が安心できる環境を作っていかなければならないと感じています。
他の学校の出身者と、学生生活についてお話することはありますか?
そこで「宝塚大学に通ってよかった」と思ったことはありますか?
同期とは学生時代の話をよくします。宝塚大学では様々な病院に実習へ行くので、それぞれの病院のやり方を知ることができ、自分に合う病院はどのような病院かを考えることができました。

在学生・卒業生インタビュー