受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

在学生インタビュー 2016

※学年は2016年3月取材時のものです。

voice 01 写真

勉強はとても大変だと思いますが、「看護師」という夢の実現のための第一歩です。諦めずに頑張ってください!

\Profile/藤野 莉華子fujino rikako

学部・学科
看護学部 看護学科
学年
1年次生
出身校
徳島県立小松島高等学校
選考区分
一般入学選考 第1期
宝塚大学 看護学部を知ったきっかけと入学を決めた理由
徳島県外の看護大学を探している時に、宝塚大学 看護学部のメインキャンパスが「大阪・梅田」にあることを知りました。オープンキャンパスに参加したところ設備が整っていたり、芸術系の科目があること知り、魅力を感じたので入学を決めました。
宝塚大学の魅力は何ですか?
一番は芸術に関する授業があることです。私は、茶道の授業を選択したのですが、日本の和についてや、おもてなしについて学び、教養を深めることができました。
一緒に勉強する仲間はどんな人が多いですか?
明るくて元気な学生が多いです。分からないところがあったら教え合ったり、将来のことを話したりと同じ夢を持っていて励みになる存在です。
「梅田」という立地で勉強する利点は何ですか?
「梅田」にあるということで、交通の便利が良くて周りに都会ならではのものがたくさんあります。大学で授業を受けた後は、近くで友人と食事をして帰れたりもするので、楽しみを作りながら、大変な勉強も頑張れます。

※科目の一部(必修含む)は宝塚キャンパスで開講しています。
学校生活(キャンパスライフ)はいかがですか?
充実した日々を送っています。空き時間があったりすると勉強する日もあれば、近くのお店に行ったりして大学生らしく楽しんでいます。放課後は、演習の復習をしたり、アルバイトをしたりと上手く両立しています。
高校と大学との違いは何ですか?
高校と大学の大きな違いは授業です。必須科目と選択科目があり、「必須科目」は必ずとらないといけない授業ですが、「選択科目」は自分が学びたいと思うものを選べます。また、スライドでの授業が多いので、授業中は教科書の線引きが主で、その後自宅で復習という流れになります。授業中は集中し、大切なことはメモをとるようにしています。
一番好きな授業は何ですか?また、大学の授業で「楽しい」こと、「大変」なことは何ですか?
一番好きな授業は、「基礎看護学」の演習です。バイタルサインなどを行うと看護師らしさが出てきて学びを深めたくなります。大変なことは、定期試験の範囲が教科書一冊分出たりするので、毎日コツコツと復習していかないと追いつけないくらいなので苦労しています。
初めての実習ではどのようなことを行いましたか?
特に印象に残っていること、また「大変だった」ことは何かありますか?
病院見学を主に行いました。私は脳神経科を見学し、体を自由に動かせない人や、上手く話せない人がたくさん入院されていました。患者さんの体位変換やトイレへの付き添い、上手く話せない人とゆっくりコミュニケーションをとるなど、その人に合わせて何を行うことが一番必要なのかということを見学できたことが印象的でした。
忙しい毎日の中でのリフレッシュ方法は何ですか?
音楽を聴いたり、漫画を見たりして元気を出しています。
看護学部生の必需品は何ですか?(日々の勉強で、持っていたら便利なもの)
マーカー・付箋・ホッチキスです。また、穴あけパンチは持っているとすぐにプリントをまとめることができるので、効率度がアップします。
大学で学んでまだ1年ですが、自分はどんなふうにかわりましたか?
看護師になりたいという思いが強くなりました。大学に入ると、勉強は自主性が問われるので、分からないところがあると先生や友達に聞いたり、積極的になったと思います。
将来どのような看護師になりたいですか?
看護師不足が問われている社会の中で、きちんと知識・技術を身に付けている看護師になりたいです。

在学生・卒業生インタビュー