受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー 2016

 

voice 02 写真

助産師は、お母さんと赤ちゃん2人の命を預かっているという責任の重みはありますが、貴重な期間に寄り添える唯一の仕事ですし、可愛い赤ちゃんがたくさんいる中で仕事をできることは本当に幸せです。“助産師になりたい!”と思うきっかけはそれぞれだと思いますが、なりたいと思った気持ちは助産師になった今も忘れることはありません。その気持ちを大切にして、夢に向かって頑張ってください!

\Profile/藤井 香帆fujii kaho

卒業年度
2015年度卒業生(1期生)[宝塚大学 看護学部 出身]
出身学部・学科
助産学専攻科
勤務先
兵庫県立尼崎総合医療センター
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
現在の所属はMFICU(母体胎児集中治療室)です。妊娠期、分娩期、産褥期の妊娠~出産~産後において、ハイリスクな合併症をもつ母体・胎児の管理をしています。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか?また、どのように対応されていますか?
日々、起こりうる変化の中で母体と胎児が安全に妊娠を継続できるよう多くの情報からアセスメントし自身の判断でケアを行っていくことが大変です。まだ、慣れない部分も多く、先輩方からの助言をもとに一緒に考えてもらい、ケアに取り組んでいます。
どんな時にやりがいを感じますか?
早産での分娩となったお母さんとNICU(新生児集中治療室)に入院していた赤ちゃんが退院して少し経った頃に、お母さんが赤ちゃんを連れてMFICU・産科まで会いに来てくださり、笑顔で「ありがとうございました」と言ってくださった時など、心から嬉しく思います。
学生時代に思っていた「助産師」と入職後の「助産師」についてギャップはありますか?
また、大学での学びは、生かされていますか?
助産師は分娩を取り扱うことが主な仕事だと、学生時代は思っていました。しかし、そうではなくて安全に分娩へと導けるよう妊娠中からの助産ケアを充実させ、分娩後は「育児のスタート」をきる母親の強い味方であり、女性のライフサイクルがより良いものになるようケアをするプロだと今は思います。
専攻科時代に学んだ“グリーフケア”などは、死産となった赤ちゃんやその母親に対しどう関わったらよいかなど、実際の現場で活かすことができました。
他の学校の出身者と、学生生活についてお話することはありますか?
そこで「宝塚大学助産学専攻科に通ってよかった」と思ったことはありますか?
宝塚大学助産学専攻科で「NCPR(新生児蘇生法)Bコース」「アタッチメント・ヨガインストラクター」「アタッチメント・ベビーマッサージインストラクター」の資格を取得したのですが、1年目の人でこれらの資格を持っている人はほとんどいなかったので、自分の強みになっています。まだ、その資格を活かせるところまではたどりついていませんが、今後自分が助産師として幅広く活躍できるものになると思います。

在学生・卒業生インタビュー