受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー 2016

 

voice 04 写真

看護師になるのは、実習も勉強も大変ですし、看護師になってもしんどいことが山ほどあります。その中でも大学の友人とは、今でも会って息抜きをしています。たった4年の学生生活ですが、そこでの出会いは大切なものになると思うので、是非素敵な生活の場所を見つけてもらえたらと思います。

\Profile/荒谷 華音aratani kanon

卒業年度
2015度卒業生(2期生)
出身学部・学科
看護学部 看護学科
勤務先
三島救命救急センター
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
今はICU(集中治療室)で働いており、救急搬入され処置後の患者さんの看護をしています。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか?また、どのように対応されていますか?
ICUは、急変のリスクが高い患者さんも多く、臨機応変に対応することが求められるので、多くの知識を身につけないといけないのが大変です。わからないことはすぐに先輩に聞いたり、自分なりに調べて知識をつけたりして、どのような場面にも対応できるよう頑張っています。
どんな時にやりがいを感じますか?
1年前は、担当させてもらえなかった重症の患者さんを受け持ったときは、認められたと思い嬉しかったです。またICUを出て一般病棟に移られた患者さんの元気になった姿を見た時や、ICUでのことを覚えてくださっていて、病棟で話しかけてくれた時はやりがいを感じます。
学生時代に思っていた「看護師」と入職後の「看護師」についてギャップはありますか?
また、大学での学びは、生かされていますか?
大学生の頃から看護師の仕事はしんどいだろうなとおもっていたけれど、本当にハードな仕事で、就職して2年たった今でもわからないことだらけです。大学での学びは、全ての授業が、働く上での基礎になっていると思います。
他の学校の出身者と、学生生活についてお話することはありますか?
そこで「宝塚大学に通ってよかった」と思ったことはありますか?
宝塚大学には、附属病院や系列の病院がなかったので、異なったいくつかの病院に実習に行き、色んな病院を在学中に見られたことは良かったと思います。また、キャンパスは小さいですが、キャンパス内には看護学部しかないので、学年や男女を問わず全員仲が良かったので、日々楽しく過ごせました。

在学生・卒業生インタビュー