受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー 2015

 

voice 02 写真

宝塚大学には看護領域の他に、アートを通して感受性を育てる豊かな教育環境が整っています。看護師は努力の分だけやりがいを感じることができるお仕事です。理解すればするほど楽しくなるので、「看護師になる」という夢に向かって頑張ってください!

\Profile/塩屋 智子shioya tomoko

卒業年度
2014年度卒業生(1期生)
出身学部・学科
看護学部 看護学科
勤務先
大阪市内の病院
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
私は、循環器内科に所属しています。仕事内容としては、点滴、採血、検温、マウスケア、吸引、食事介助、オムツ交換、心臓カテーテル前後の処置、心電図モニター管理などです。この他にもたくさんの処置を行っています。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか?また、どのように対応されていますか?
時間管理に一番苦労し、優先順位と重要度を考え行動するように意識し努力しました。入職当初は全てにおいて慣れないことばかりであったため、不安なこと、不明なことは蓄積せず、その場で解決できるようにテキストを振り返ったり先輩に相談するようにしています。
どんな時にやりがいを感じますか?
患者さんから「ありがとう」「頑張ってね」と言ってもらえた時や、患者さんの状態が改善された時です。また、できなかった処置ができるようになった時、先輩から「頑張ってるね」「良かったよ」と言ってもらえた時にやりがいを感じます。
学生時代に思っていた「看護師」と入職後の「看護師」についてギャップはありますか?
また、大学での学びは、生かされていますか?
ギャップは大きいです。学生時代は一人の患者さんに時間をかけてじっくりと学ぶことができていましたが、現場に出ると、「いち」看護師として多数の患者さんを受け持ち、看護を展開していかなければならなくなるため、大きな責任を感じるようになりました。
学生の時に学んだことは、基礎になることばかりであるため、技術や疾患について復習するたびに「大学で学んだ!先生が言っていたな・・・」と思い返すことが多いです。
また、授業の中でグループワークを多く取り入れていたため、カンファレンス等の場で自分の意見をしっかり言えています。
他の学校の出身者と、学生生活についてお話することはありますか?
そこで「宝塚大学に通ってよかった」と思ったことはありますか?
同期は専門学校出身の方が多いのですが、専門学校と大学を比較すると、看護技術や疾患以外に、コミュニケーション能力についての学びや、他者の気持ちを考える機会が多かったのではないかと思います。
また、宝塚大学には、生花・絵画療法・文章表現法・セラピーメイクなどの芸術科目があるので、感性を磨くことができて良かったなと思います。

在学生・卒業生インタビュー