受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー 2015

 

voice 01 写真

看護師は、白衣の天使というよりは白衣の戦士という感じですが、やりがいのある仕事だなと新人ながらに思います。看護師になりたい!という気持ちを大切に頑張ってください!

\Profile/瀨戸 真純seto masumi

卒業年度
2014年度卒業生(1期生)
出身学部・学科
看護学部 看護学科
勤務先
淀川キリスト教病院
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
循環器内科・心臓血管外科で病棟看護師をしています。基本的には患者さんの療養生活の支援、手術や心臓カテーテルを受けられる方の準備などをしています。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか?また、どのように対応されていますか?
1人で何人もの患者さんを受け持つ際にやるべき事が多い時や、ナースコールが多い時、なかなか丁寧に患者さんに関わることができないことが個人的には大変に感じます。そういう時は、無理せず周りを頼ったり、患者さんに不信感を抱かせないように正直に説明したりしていますが、なかなか100%解決は難しいです。
どんな時にやりがいを感じますか?
患者さんに感謝してもらった時や、自分の看護過程で異常を発見できた時、提案したケアで患者さんの苦痛が緩和できた時、あとは単純にできるようになる処置が増えてくると嬉しいし楽しいです。
自分の部署特有なことで関して言えば、心電図が読めるようになってきたことです。
学生時代に思っていた「看護師」と入職後の「看護師」についてギャップはありますか?
また、大学での学びは、生かされていますか?
学生の頃しかあんなに患者さんと密な時間はとれないなと思いました。看護をするというよりは、ふとすると「業務をこなしている」という感覚になりがちなことが今はまだ多く、そんな時はちょっと自分に疑問を持つことがあります。
しかし、大学時代の実習で患者さんと関わった時間や、先生に指導されながら必死に一人の患者さんの看護過程を考えたことは看護のベースになっています。
他の学校の出身者と、学生生活についてお話することはありますか?
そこで「宝塚大学に通ってよかった」と思ったことはありますか?
梅田の真ん中で立地が良いことは、他学出身の方と話していてすごく感じました。
また、私は絵を描く事も昔から好きなので、看護プラス芸術療法を学べることは珍しいし、良かったなと思います。

在学生・卒業生インタビュー