受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

卒業生インタビュー 2015

 

voice 03 写真

実習や国家試験だけでなく、就職してからも辛いことはたくさんありますが、とてもやりがいのある仕事なので、頑張ってください!一緒に看護の世界を盛り上げましょう!

\Profile/濱本 健史hamamoto takeshi

卒業年度
2015年度卒業生(2期生)
出身学部・学科
看護学部 看護学科
勤務先
刀根山病院
今現在の所属と仕事内容を簡単に教えてください。
呼吸不全病棟で働いています。仕事内容としては、患者さんの日々のケア、療養上のお世話等を中心に行っています。
日々の業務の中で、大変だと思うことはありますか?また、どのように対応されていますか?
物事の優先順位をつけながら業務を行うことに苦労しています。
酸素化不良、呼吸苦を訴える患者さんへの対応や、多忙な業務の中で、専門知識など覚えることが多いという点が大変ですが、先輩にアドバイスして頂いたり、周りの方に助けて頂きながら日々頑張っています。
どんな時にやりがいを感じますか?
患者さんに自分の名前を覚えてもらったり、「ありがとう」と言ってもらえた時にやりがいを感じます。
また、まだ働き始めて数ヶ月ですが、できなかったことが少しずつできるようになってきていますし、小さな変化など色々なことに気付くこともできるようになってきています。
こんな風に自分自身の成長を感じる時にもやりがいを感じることができます。
学生時代に思っていた「看護師」と入職後の「看護師」についてギャップはありますか?
また、大学での学びは、生かされていますか?
一人の患者さんにかけられる時間が学生の頃の実習より少なくなったなと感じています。
病院実習では、一人の患者さんだけを受け持っていましたが、看護師になった今は一人で複数人を受け持っているので、患者さん一人ひとりと接する時間が自然と減りました。
今思うと病院実習では、一人の患者さんに対して何ができるのか、何をすることがその人の療養生活をより良くすることに繋がるのかを考える姿勢が身に付いたと感じています。
他の学校の出身者と、学生生活についてお話することはありますか?
そこで「宝塚大学に通ってよかった」と思ったことはありますか?
専門学校に通っていた同期が多いですが、辛かった思い出を良く聞きます。私も辛いことはありましたが、仲間に恵まれながら、4年間を過ごすことができたので宝塚大学で良かったなと思っています。

在学生・卒業生インタビュー

iv>