受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

在学生・卒業生インタビュー

在学生インタビュー 2015

※学年は2015年3月取材時のものです。

voice 04 写真

宝塚大学の卒業生と同じ職場で働ける日を楽しみにしています。受験生の皆さん、応援しています!

\Profile/阿部 麻菜美abe manami

学部・学科
看護学部 看護学科
学年
4年次生
出身校
大阪学院大学高等学校
選考区分
指定校推薦入学選考
宝塚大学 看護学部を知ったきっかけと入学を決めた理由
通っていた高校で宝塚大学を知りました。入学を決めた理由は、看護と芸術を融合して学ぶことができるといった部分に魅力を感じたことと、交通の便が良く通いやすいと思ったからです。
宝塚大学の魅力は何ですか?
他大学にはない看護と芸術を融合して学ぶことができるということ、交通の便が良く通いやすいということです。また1学年の人数が多いので、たくさんの人に知り合えて自分に合った仲間を見つけることができるのも魅力の1つです。
一緒に勉強する仲間はどんな人が多いですか?
明るく元気な子が多く、看護師という夢に向かって努力する仲間が揃っていると思います。
実習で特に印象に残っていることはありますか?
大学で受けていた座学とは違い、実際に患者さんを受け持ち学んでいくということで、毎日緊張感を持って取り組んでいました。受け持ちの患者さんからの感謝の言葉などで毎日やりがいを感じながら学ぶことができました。
実習を経て「看護師」への意識に何か変化はありますか?
実習を通して現場で働く看護師さんを見ることで、自分がなりたいと思う看護師像を具体的に描くことができるようになりましたし、実習で色々な病院に行くことで自分がどんな病院で働きたいのか将来像が描けるようになりました。
芸術科目の授業はいかがでしたか?
普段あまり経験することのない茶道などの授業を受けることで新たな興味を持つことができました。また、実習では話題の一つとして使うこともできたので、看護にとってとても有効的な授業だと感じています。
実習で忙しい中、国家試験の勉強はどのように行いましたか?
正直、実習中は国家試験の勉強時間は作れませんでした。しかし、実習で受け持った患者さんの疾患は知識として深めることができ、そのことが結果的に国家試験勉強にも繋がっていきました。 国家試験勉強を行う中で、最初は短い時間でも集中して勉強する時間を確保し、習慣づけていくことが大事だと思います。
就職活動はどのように行いましたか?内定はいつ頃もらいましたか?
3年次の1月頃から合同説明会などに参加し、自分が就職したい病院を決めていきました。実習中はあまり就活には時間を費やせず、実習が落ち着いた7月頃にインターンに参加し、8月には内定をもらいました。
「キャリアセンター」はどんな時に利用していましたか?
キャリアセンターでは、面接や履歴書の書き方を一から教えてもらいました。
大学で学んで、自分はどんなふうに変わりましたか?
元々、人見知りの性格でしたが、大学ではたくさんの人と関わる機会や人前で発表する機会が多く、そういった経験をくり返すことで苦手意識を克服することができたと感じています。
将来どのような看護師になりたいですか?
患者さんの立場に立って考え、寄り添える看護師になりたいです。

在学生・卒業生インタビュー