受験生応援サイト - 宝塚大学はがんばる受験生を応援します!

宝塚大学 看護学部・助産学専攻科

合格体験記

合格者インタビュー 2016

※学年は2016年4月取材時のものです。

voice 01 写真

どこを受験するか決めるところから大変だと思いますが、自分の長所を活かして頑張ってください!

\Profile/別所 亜美bessho ami

学部・学科
看護学部 看護学科
学年
1年次生
出身校
松江市立女子高等学校
選考区分
公募推薦入学選考 前期

在学生が疑問質問に回答してくれました。

宝塚大学 看護学部を知ったきっかけと入学を決めた理由
高校の時に看護学部の大学についての資料やホームページを探している時に知りました。入学を決めた理由は、他大学にはない芸術系の授業や、在宅看護に元々興味があったので、その内容に惹かれ入学を決めました。
学科試験や小論文、グループ討論などの受験対策は具体的にどのようなことをしましたか?
私は、小論文にあまり自信がなかったので、小論文の勉強を中心に受験勉強をしていました。小論文は、高校の先生に毎日添削を依頼して間違っているところを教えてもらい、何回も書くことで書き方や表現の仕方を覚えていきました。学科試験では、何か特別に参考書などを買ったわけではなく、授業で使う教科書やワークをひたすら読んで暗記しました。
その中でも効果のあった勉強方法は何ですか?
毎日小論文の添削を先生にしていただき、分からないところを質問するという方法が、一番効果が高かったと思います。自分で答えを見つけることも大事ですが、先生に直接教えてもらうことで、より知識が深まりました。
受験勉強中に苦労したことはありますか?
小論文の過去問を解いている時に、内容をどう看護に結び付けるかを考えながら書くことに苦労しました。
勉強に行き詰ったときのリフレッシュ方法、体調管理など、気をつけたことは何ですか?
私は、音楽を聴くことが好きなので、集中が続かない時や、少し疲れた時に自分の好きな音楽を聴くようにしていました。また、十分な睡眠をとることもとても大切だと思います。
学校行事やクラブとの両立はどうしていましたか?
私は、3年生の途中まで部活に入っていたので、部活がない休日に勉強時間を確保して勉強をするようにしていました。

合格体験記