宝塚大学について

沿革

宝塚大学は1987年(昭和62年)、芸術大学としてスタートしました。「芸術と科学技術の融合」を掲げ、芸術にIT・マルチメディアを取り入れた教育を展開。それは当時先駆的な試みとして注目され、事実多くの卒業生が産業界で活躍中です。その後IT・マルチメディア教育が中等教育以前でも盛んになったことを踏まえ、本学も柔軟に教育内容の見直しを行ってきました。
2006年(平成18年)には東京メディア・コンテンツ学部を設置し、2010年(平成22年)にはさらに時代の要請に応えるべく看護学部を設置。「芸術」と「看護」の2分野(3学部)を有する大学へと進化を遂げたのです。
この両分野はともに、人間の心に働きかけることが原点。人間の「生きる力」を支え、応援するための創造であり、行為であるという点で、本質的に同じです。本学では、「心に働きかける芸術と看護教育」を目指し、それを社会で実践できる人材の育成を図っています。
また、2012年(平成24年)、本学は大学創立25周年という節目を「Turning Angle(反転角)」と位置づけ、教育研究体制のさらなる強化に努めています。

昭和52年6月

宝塚造形芸術大学設立準備委員会設置

昭和61年12月

宝塚造形芸術大学造形学部美術学科(入学定員25人)産業デザイン学科(入学定員75人)設置認可を受ける

昭和62年4月

宝塚造形芸術大学造形学部開設
(所在地:兵庫県宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号)

平成2年12月

宝塚造形芸術大学造形学部に期間を付した入学定員(美術学科入学定員15人・産業デザイン学科入学定員45人)の増加に係る認可を受ける

平成5年3月

宝塚造形芸術大学大学院造形研究科造形・デザイン専攻修士課程(入学定員10人)設置認可を受ける

平成5年4月

宝塚造形芸術大学大学院造形研究科造形・デザイン専攻修士課程開設
(所在地:兵庫県宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号)

平成6年12月

宝塚造形芸術大学造形学部映像造形学科(入学定員50人)設置認可を受ける

平成7年4月

宝塚造形芸術大学造形学部映像造形学科開設
(所在地:兵庫県宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号)

平成8年2月

教育職員免許法による教育職員課程(美術)の認定を受ける(造形学部美術学科・造形学部産業デザイン学科)

平成10年12月

宝塚造形芸術大学造形学部芸術情報学科(入学定員50人・編入学定員5人)設置認可を受ける

平成11年4月

宝塚造形芸術大学造形学部芸術情報学科開設
(所在地:兵庫県宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号)

平成11年10月

宝塚造形芸術大学造形学部の期間を付した入学定員の廃止に伴 う入学定員増認可を受ける

平成11年12月

宝塚造形芸術大学大学院造形研究科造形・デザイン専攻博士課程(入学定員3人 )設置認可を受ける

平成12年 4月

宝塚造形芸術大学大学院造形研究科造形・デザイン専攻博士課程(後期)開設
(所在地:兵庫県宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号)

平成12年10月

宝塚造形芸術大学造形学部映像造形学科入学定員50人を100に入学定員増認可を受ける

平成13年12月

宝塚造形芸術大学造形学部産業デザイン学科入学定員120人を160人に入学定員増認可を受ける
宝塚造形芸術大学大学院造形研究科造形・デザイン専攻修士課程入学定員10人を40人に入学定員増認可を受ける

平成14年12月

宝塚造形芸術大学造形学部美術学科入学定員40人を60人に、映像造形学科入学定員100人を170人に、芸術情報学科入学定員50人を70人に入学定員増認可を受ける

平成15年3月

教育職員免許法による教育職員課程(情報)の認定を受ける(造形学部芸術情報学科)

平成15年4月

宝塚造形芸術大学大学院修士課程大阪梅田サテライト開設
(所在地:大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号)

平成15年11月

宝塚造形芸術大学大学院デザイン経営研究科デザイン経営専攻専門職学位課程(入学定員40人)設置認可を受ける

平成16年4月

宝塚造形芸術大学大学院専門職学位課程開設
(所在地:大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号)

平成16年 11月

宝塚造形芸術大学メディア・コンテンツ学部映像造形学科(入学定員170人)及びコンテンツ・プロデューサ学科(入学定員150人)設置に伴なう入学定員増認可を受ける

平成17年4月

宝塚造形芸術大学造形学部映像造形学科学生募集停止する
宝塚造形芸術大学メディア・コンテンツ学部映像造形学科及びコンテンツ・プロデューサ学科開設
(所在地:兵庫県宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号/大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号)

平成18年4月

宝塚造形芸術大学造形学部産業デザイン学科入学定員160人を190人に、芸術情報学科入学定員70人を40名に、メディア・コンテンツ学部映像造形学科入学定員170人を270人に、コンテンツ・プロデューサ学科入学定員150人を50人に変更する
宝塚造形芸術大学大学院造形研究科造形デザイン専攻(修士課程)を大学院メディア・造形研究科造形・デザイン専攻 (入学定員40名)、メディア・コンテンツ専攻(入学定員40名)の2専攻とし、入学定員合計80人とする
宝塚造形芸術大学大学院修士課程東京新宿サテライト開設
(所在地:東京都新宿区西新宿7丁目11番1号)

平成18年7月

宝塚造形芸術大学東京メディア・コンテンツ学部メディア・コンテンツ学科(入学定員130人)設置に伴う入学定員増の認可を受ける

平成19年4月

宝塚造形芸術大学東京メディア・コンテンツ学部メディア・コンテンツ学科開設
(所在地:東京都新宿区西新宿7丁目11番1号)

平成20年4月

宝塚造形芸術大学メディア・コンテンツ学部コンテンツ・プロデューサ学科を廃止する
宝塚造形芸術大学メディア・コンテンツ学部映像造形学科をメディア・コンテンツ学科に名称変更し、入学定員270人を320人に変更する
宝塚造形芸術大学大学院博士課程(後期)東京新宿サテライト開設
(所在地:東京都新宿区西新宿7丁目11番1号)

平成21年4月

宝塚造形芸術大学造形学部美術学科入学定員60人を40人に、産業デザイン学科入学定員190人を160人に 、メディア・コンテンツ学部メディア・コンテンツ学科入学定員320人を170人に変更する
宝塚造形芸術大学大学院専門職学位課程入学定員40人を20人に変更する

平成21年10月

宝塚造形芸術大学看護学部看護学科(入学定員100人)設置認可を受ける

平成22年4月

宝塚造形芸術大学造形学部美術学科、産業デザイン学科、芸術情報学科及びメディア・コンテンツ学部メディア・コンテンツ学科の2学部4学科を、造形芸術学部アート・デザイン学科(入学定員150人)及びメディア・デザイン学科(入学定員160人)の1学部2学科に改組を行う
宝塚造形芸術大学を宝塚大学に改称
宝塚大学看護学部看護学科を開設
(所在地:大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号)

平成23年10月

宝塚大学大学院専門職学位課程を廃止

平成24年5月

宝塚大学創立25周年

平成25年4月

宝塚大学造形芸術学部アートデザイン学科を造形芸術学部制作力創造学科(入学定員75名)に、造形芸術学部メディア・デザイン学科を造形芸術学部想像力創造学科(入学定員75名)に改称、入学定員変更をする

平成26年4月

宝塚大学助産学専攻科を開設(所在地:大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号)


ページの先頭へ


宝塚大学
宝塚キャンパス 造形芸術学部
〒665-0803 宝塚市花屋敷つつじガ丘7番27号
TEL.072-756-1231 FAX.072-758-7869
東京 新宿キャンパス 東京メディア芸術学部
〒160-0023 東京都新宿区西新宿7丁目11番1号
TEL.03-3367-3411 FAX.03-3367-6761
大阪 梅田キャンパス 看護学部
〒530-0012 大阪府大阪市北区芝田1丁目13番16号
TEL.06-6376-0853 FAX.06-6373-4829

Copyright © 2011 Takarazuka University. All Rights Reserved.